6.1インチ型液晶ディスプレイ搭載の新型iPhone、やはり「3D Touch」非対応か

IPhone X Silver Review 54

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、6.1インチ型液晶ディスプレイを搭載すると噂されている次期iPhoneは「3D Touch」に非対応になる予想している。

Feng.comによると、同モデルは「CGS(Cover Glass Sensor)」と呼ばれる技術を採用し、従来機と比較してより軽く、耐衝撃性能が向上すると見られている。採用する代わりにタッチパネルの費用は15%増加し、部品価格は23ドルから26ドルまで値上げする模様。

「3D Touch」、2019年には完全に廃止される可能性

では、このディスプレイ技術と「3D Touch」はどのような関係があるのか。

Kuo氏によると、Appleは価格の値上げを相殺するために「3D Touch」を液晶ディスプレイモデルから廃止すると予想。なお、2018年に発表されると言われている「iPhone X」の後継モデル、および、「iPhone X Plus」と呼ばれている6.5インチ型有機ELディスプレイモデルは引き続き「3D Touch」に対応するとのこと。

ただし、Appleは2019年以降、CGSをすべてのiPhoneに採用する計画があることから、「3D Touch」自体が廃止される可能性がある。

僕は「3D Touch」を「スマホ版の右クリック」と呼んでいるが、現状では様々な機能を呼び出すために活用されている。「iOS 11」からはコントロールセンターにも採用され、使用頻度が低いが簡単にアクセスできると便利な機能は画面を強く押すことによって呼び出すことができる。

Kuo氏は今年1月に6.1インチ型iPhoneのスペックとしてシングルレンズ、アルミ製筐体、3D Touch非対応を挙げていた。iOSにおける重要な操作方法の1つを切り捨てることは甚だ疑問だが、iPadなどでは「3D Touch」の機能を「3D Touch」無しで利用できている。

「3D Touch」に非対応、というのは触感フィードバックを実現する「Taptic Engine」を搭載しないというだけで、機能そのものは継続するかもしれない。押した感覚が無くなるのも、慣れればそれほど困らないのかな。

(via MacRumors