2018年のiPhoneは全モデル「Face ID」を採用する見通し

Front Face Camera on iPhoneX

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、11月3日に発売予定のiPhone X」の「Face ID」に対する反応が良好であれば、2018年以降に発売するiPhoneにもすべて採用し、「FaceTime HD」カメラから「TrueDepth」カメラに移行する可能性が高いと発表している。

これは、「Touch ID」を画面に内蔵することが技術的に難しいことにも関係しているとのこと。「3D Touch」モジュールの内蔵によってディスプレイパネルが分厚くなり、結果的に指紋の認識率が低下してしまうそうだ。

ただ、この計画はあくまでも「Face ID」次第、とKuo氏は説明。ユーザーに満足してもらえない場合、画面内蔵型「Touch ID」の開発に注力する可能性があるとのこと。

Appleは1年以上前に「Face ID」への移行を決めていた

この報道には一部、疑問が残る。

そもそも「Face ID」の方が「Touch ID」よりも優れている技術だからこそ「iPhone X」に搭載したと考えられるが、その技術を翌年捨て、再度「Touch ID」に戻るとはあまり考えられない。発表時も「Face ID」は誤認率100万分の1だと発表され、「Touch ID」の5万分の1よりも遥かに低いことをアピールしていた。

さらに、Daring FireballのJohn Gruber氏によると、Appleは「Face ID」を「Touch ID」の代わりに採用することを1年以上前から決めていたと、複数のApple関係者から現地で聞いたことを紹介。画面内蔵型「Touch ID」の開発を止めたのは、技術的な問題ではなく、「Face ID」の方が優れていることが分かったため開発する必要がなくなったから、だと説明している。

このことから、2018年以降に発表されるiPhoneがすべて「Face ID」を採用する可能性は十分にあるが、今更「Touch ID」が画面に内蔵されることは考えづらい。

「Face ID」は今までのiPhoneにはない、全く新しい技術であるため、「Touch ID」の代わりになるかどうかを不安に思う人も少なからずいるはず。幸いにも今年は「Touch ID」が搭載された「iPhone 8/8 Plus」がある。無理に「Face ID」に馴染まなくてもいいのだ。

「スマホの未来」に飛び込んでいきたいという思いがある人は、「iPhone 8/8 Plus」は見送って「iPhone X」を待つ

FOLLOW / 最新情報を購読