「iPhone 8」のダミーユニットされる写真が公開か

Iphone dummy unit

iPhone 8」のダミーユニットとされる写真Benjamin Geskin氏が複数枚公開している。

投稿写真を見る限りではこれまで報じられていた噂と一致している部分が多い。デュアルレンズカメラは縦並びに配置され、電源ボタンは現行モデルよりも縦長のデザインになっている。

ディスプレイ側を見るとホームボタンは非搭載。ただし、本体上部に内向きカメラとスピーカー用の穴らしきものがある。

背面側に移動すると噂されている「Touch ID」だが、このダミーユニットには背面側にもそれらしきボタンは見受けられない。画面内蔵を想定したユニットなのか、廃止を検討しているユニットなのか、気になるところ。

「Touch ID」は見当たらず、画面に内蔵?廃止?

本体は「iPhone 7」と同程度のサイズ感ではあるものの見るからに分厚く、ディスプレイ側とバックパネル側は光沢のある素材を使用し、側面部分はアルミ製のように見受けられる。

Appleがテストしているとされる複数プロトタイプのうち、ホームボタンを廃止したほぼ全面ディスプレイを搭載し、表裏ガラスをステンレススチールのフレームで挟んだモデルが含まれていると報じられていたが、今回公開されたダミーユニットはまさにそのようなデザインとなっている。

なお、Geskin氏はディスプレイが「2.5Dラウンドエッジ加工」のガラスを使用し、ディスプレイのベゼルは左右上下ともに4mmだと指摘。内向きカメラは2つ搭載されているという。

あわせて図面をもとに書いたとされる画像も公開。過去にも同じような図面が公開されていたが、今回はディスプレイ側だけではなく背面側の情報も書かれている。

これは本物の図面をもとに作られた「iPhone 8」なのだろうか。今後の情報に期待だ!

あわせて読みたい