「iPhone 8」、デュアルレンズカメラは縦並びになり、「Touch ID」は背面側に移動か

IPhone Schematics from Dickson
【image via @SonnyDickson

次期iPhoneに関するリーク情報でお馴染みのSonny Dickson氏が複数のツイートに渡って現時点で入手している「iPhone 8」の最新情報を明らかにしている。

上記図面は「iPhone 8」のものとされ、縦幅が149.501mm、横幅が72.497mmと書かれている他、Appleロゴの下に「Touch ID」センサーが配置され、デュアルレンズカメラが横並びではなく縦並びになっていることが確認できている。

寸法含め、Weiboに投稿されていた図面と完全に一致している。

「iPhone 8」、音量ボタンも廃止されるのか?!

他にも特筆するべき点はある。比較的丸みを帯びている「iPhone 7」シリーズとは異なり、図面のiPhoneは側面部分が平らな形状になっている。これは「iPhone 8」は2枚のガラスをステンレススチールフレームで挟む筐体になるという噂を裏付ける形となる。

さらに、奥側の側面を見てみるとあるべきはずのボタンが見当たらない。そう、音量ボタンだ。Dickson氏は「音量ボタンが廃止されているように見える」とツイートし、なくなるという確固たる証拠が得られているわけではないようだが、確かに音量ボタンが見当たらない。

Appleは「Touch ID」を画面に内蔵する上での技術的なハードルに直面しているとされ、場合によっては搭載を見送る可能性もあると伝えられている。

これはAppleがテストしている複数ある試作機の1つなのか、それともこれが本採用されるのか。信憑性の高さに定評のあるSonny Dickson氏の今後の情報がの楽しみだ!