「iPhone 8」用のワイヤレス充電パッド、遅れて発売か

IPhone 8 Edge Concept Video

2017年発表のiPhoneは全モデルがワイヤレス充電に対応するも、充電器は別売りになると報じられていた。「iPhone 8」のみではなく、「iPhone 7s」および「iPhone 7s Plus」もガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を採用し、ケーブルを挿す、という煩わしさから解放されると期待されている。

残念ながら、そのワイヤレス充電が楽しめるようになるのはまだ先の話になりそうだ。John Gruber氏によると、次期iPhone用のワイヤレス充電パッドはiPhone本体には同梱されないどころか、iPhoneと同時発売されず、「iOS 11.1」のリリースに合わせて遅れて発売開始する可能性がある、と伝えている!


昨年の「ポートレートモード」と同じような扱いに?

Gruber氏は次期iPhoneのワイヤレス充電対応は、「iPhone 7 Plus」のポートレートモードのようになるのではないかと予想。昨年は「iOS 10.1」のリリースと同時に「ポートレートモード」および日本国内の「Apple Pay」が解禁された。

あくまでも遅れる可能性がある、と述べるに留まっているため確定した情報ではない模様。その後のツイートで遅延する可能生の原因がソフトウェアなのかハードウェアなのか分かっていないと答えている。また、今後3週間のうちに遅延の原因が解消される可能生もある、とのこと。

Appleはワイヤレス充電・給電技術の国際標準規格を策定する業界団体「WPC(ワイヤレス・パワー・コンソーシアム)」に参加したことが判明。策定されているワイヤレス充電技術は「Qi」であることから、次期iPhoneも「Qi」に対応すると噂されていた。

一方で、Appleは「Apple Watch」のような純正ワイヤレス充電アクセサリを準備している可能性もあり、既存のワイヤレス充電パッドでは充電できない可能性もまだ残されている。

個人的には次期iPhoneは「Qi」に対応し、Apple純正アクセサリ以外でも充電できるものの、ソフトウェアで制御しているため、新型iPhoneの発売に間に合わなかった場合は「iOS 11.1」で利用可能になる機能になるのではないかと予想している。

よって、iPhone発売同時にApple純正ワイヤレス充電パッドを発売しても意味がないため、OSアップデートが配信される日に合わせて発売開始されるのではないだろうか。

(via MacRumors