「iPhone 8」のモックアップやケースのハンズオン動画が公開

Iphone 8 mockup and case screen protector

ここ最近リークしている「iPhone 8」のモックアップはまるで実機のようなクオリティまで仕上がっている。

過去に「iPhone 8」のモックアップのハンズオン動画「iPhone 8」用画面保護ガラスとケースのハンズオン動画を紹介しているが、EverythingAppleProサードパーティケースメーカーから提供された「iPhone 8」のモックアップやケース、そして別途入手した「iPhone 8」用の画面保護ガラスを動画で取り上げていたので、紹介する!

iPhone 7」「iPhone 7 Plus」との外観比較も

もう既に何回も見ているが、「iPhone 7」と見比べてみるとサイズ感が非常に近いことが分かる。
Iphone 8 mockup and case screen protector

アンテナラインを合わせると「iPhone 8」と「iPhone 7」の配置はほぼ完全に一致。少し縦長になったように見受けられる。
Iphone 8 mockup and case screen protector

底面を基準に並べるとやはり「iPhone 8」の方が若干縦長。Appleロゴの位置も少し下になり、ロゴそのものの大きさも少し大きくなっているような印象を受ける。
Iphone 8 mockup and case screen protector

以前から言われている通り、電源ボタンは現行モデルよりも縦長。今のところなぜ縦長になっているのかは未だに分からないが、手で握った時に丁度良い位置に配置されているんだとか。
Iphone 8 mockup and case screen protector

「iPhone 8」のモックアップを提供したケースメーカーの「iPhone 8」用ケースは、当然ながらジャストフィット。今のところ「Touch ID」は画面内蔵になる可能性が高いとされているが、もし背面に配置される場合は「Appleロゴの位置が最も指を置きやすい」とEverythingAppleProは指摘している。
Iphone 8 mockup and case screen protector

今回は、モックアップとケースを提供してくれたメーカーとは別のメーカーから「iPhone 8」用の画面保護ガラスも用意。その保護ガラスを貼り付けた結果、「iPhone 8」にジャストフィットすることが判明。
Iphone 8 mockup and case screen protector

異なるメーカーが制作したアクセサリーがモックアップに合うことから、既に「iPhone 8」の最終デザインは決定していると見られ、噂通り「iPhone 8」の量産開始が開始されているのではないかと予想される。

試しに白い画面保護フィルムをモックアップに貼り付けてみることによって、「iPhone 8」のベゼルの細さがよく分かる。左右よりも、上下のベゼルがなくなることはサイズダウンに大きく貢献している。なお、下記画像にある比較対象は「iPhone 7 Plus」。「iPhone 7 Plus」よりも本体サイズが小さいのにも関わらず、ディスプレイサイズが大きいことが分かる。
Iphone 8 mockup and case screen protector

他にもEverythingAppleProはモックアップの厚みを測定。「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」がそれぞれ7.09mm、7.14mmだったのに対し、「iPhone 8」のモックアップは7.24mmという結果に。

また、カメラの突起を含む厚みも測定し、「iPhone 7 Plus」は8.8mmだったのに対し、「iPhone 8」は8.72mmとなっていることが判明。ただし、「iPhone 8」の方が「iPhone 7 Plus」よりも物理的に小さいため平面に置いた場合、次期モデルの方が不安定であると説明している。

以下、どうぞご覧あれ!