より作り込まれた「iPhone 8」のモックアップのハンズオン動画が公開

Meet the New iPhone 8 Mockup Handson 1

先日、OnLeaks作り込まれた「iPhone 8」のモックアップの写真を公開していたが、今度はTigerMobiles.comと共同でiPhone 8」のモックアップのハンズオン動画を公開している。

ホームボタンが廃止されたディスプレイ側はほぼベゼルレスとなっていて、唯一、画面上部はFaceTimeカメラを含む各種センサー用に切り込みが開けられている。

Meet the New iPhone 8 Mockup Handson 2

動画内にあるジェットブラックモデルのような光沢のある黒い筐体ではそれほど目立たないが、ホワイトなど他のカラーモデルではどうなるのか気になるところだ。

iPhone 7」に近い筐体サイズ、「iPhone 7 Plus」に近いディスプレイサイズ

このモックアップはOnLeaksが入手していた工場のCADデータをもとに精密に作られたものだという。

動画内では本体サイズの計測も行い、71mm x 144mm x 7.5mmであると紹介されている。これはMacお宝鑑定団Blogが約2ヶ月前に伝えていた情報とほぼ一致。「iPhone 7」は 67.1mm x 138.3mm x 7.1mmというサイズであることから、やはり「iPhone 7」よりも一回り大きい。

デュアルレンズカメラは縦に配置され、2つのレンズの間にLEDフラッシュが搭載されているのはこれまでの噂通り。電源ボタンも従来機よりも長い。

Meet the New iPhone 8 Mockup Handson 4

iPhone 8」はガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を採用すると噂されているが、今回の動画を見る限りではジェットブラックモデルにしか見えず、どのような素材が採用されているのか、不明。

以下どうぞご覧あれ!