iPhone 14 Pro Max、ベゼルが薄型化?最新CAD画像や寸法が公開か

カメラの突起増、LEDフラッシュ直径増。パンチホールの直径も判明

IPhone14ProMax ShrimpApplePro CAD

ShrimpAppleProより

2022年の新型iPhoneiPhone 14)として発表される4機種のうち、6.7インチディスプレイを搭載した「iPhone 14 Pro Max」の最新CADファイルおよび寸法が公開された。リーカーのShrimpApplePro氏によると、本体の厚みは0.33mm増し、ディスプレイ周りのベゼル幅は0.47mm減るという。

最終決定したと噂されるカプセル型+丸型パンチホール直径は5.59mmと判明。iPhone 13 Pro Maxのノッチは、高さが5.6mm、幅が26.83mm。2つのパンチホールを合計した幅は明らかになっていないが、画面上を占める割合は減るだろう。

カメラのレンズは大幅に突起しており、噂されていた音量ボタンが円形になり、カメラの突起が廃止されたiPhone 4を彷彿するデザインの復刻ではない。

ShrimpApplePro投稿CAD Max Weinbach投稿CAD iPhone 13 Pro Max
高さ 160.71mm 160.7㎜ 160.8㎜
78.53mm 77.58㎜ 78.5㎜
厚さ 7.98mm 7.85㎜ 7.65㎜
カメラユニットの高さ 38.21㎜ 36.24㎜
カメラユニットの横幅 36.73㎜ 35.01㎜
カメラの突起 4.18mm 3.6mm
ベゼル幅 1.95mm 2.42mm
パンチホール(右)の直径 5.59mm
パンチホール(左)の幅 7.15mm
イヤピースの高さ 0.57mm 1.52mm
LEDフラッシュの直径 6.9mm 6.28mm
LiDARセンサーの直径 6.5mm

ShrimpApplePro氏は、著名記者やリーカーが他を示唆する中、唯一Apple Watch Series 7のデザインを正確に予測した実績を持つ。ただし同時に昨年10月のイベントでAirPods Proの小型モデル「AirPods mini」が登場すると予測したが、外している。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索