iPhone 14、同じA15 BionicチップのiPhone 13より高性能か

新しいセルラーモデムの採用、内部設計の改良によってパフォーマンスが改善するとの情報

Jeremy bezanger 8hYOrlJF5J4 unsplash

2022年の新型iPhoneiPhone 14シリーズ)の非Proモデルは、同A15 Bionicチップを搭載するiPhone 13 Proより高性能になる可能性がある。リーカーのShrimpApplePro氏は、新しいセルラーモデムの採用、内部設計の改良をパフォーマンス向上の理由として挙げている。

iPhone 14」シリーズは、6.1インチモデルが2機種、6.7インチモデルが2機種になる見通し。「iPhone 14 mini」は出ない

一方「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は、A16 Bionicチップを採用する。全4機種が共通して6GBのメモリを搭載するが、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は高速なメモリになるとの噂だ。Appleは、「iPhone 14」シリーズ以降、Proモデルと非Proモデルの差別化を強化する方針のようだ。

ShrimpApplePro氏は、唯一Apple Watch Series 7のデザインを正確に予測した実績を持つ。「iPhone 14 Pro」シリーズがカプセル型+丸型のデュアルパンチホール設計になると伝えた人物でもある。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索