iPhone 14シリーズのRAMは6GBで統一。ProモデルはLPDDR5採用か

iPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13 Proと同じ6GBのLPDDR4Xメモリか

IPhone 14 Pro 3D Redering JonProsser FPT 06

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は全4機種が共通して6GBのメモリを搭載し、上位モデルは高速なメモリが採用される可能性がある。

Digitimesによると、「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」はLPDDR5メモリを搭載。「iPhone 14」および「iPhone 14 Max」は、iPhone 13 Pro/Maxと同じ6GBのLPDDR4Xメモリが使用されると見られる。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、LPDDR5メモリの採用を予測している。

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は、A16 Bionicチップを採用する見通し。「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」はA15 Bionicチップだが、iPhone 13 Pro/Maxと同じ仕様になるとの噂だ。

同時に発表されるiPhoneが異なるナンバリングのチップを採用するのは9年ぶり。iPhone 5sとiPhone 5cが発表された2013年以来となる。

(Source: Digitimes via MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索