iPhone 14は4,800万画素カメラを搭載か iPhone 15はペリスコープレンズ搭載の噂

2022年は高感度性能、2023年は望遠性能を大幅に強化か

Gori Using the iPhone13Pro Camera 02

2022年の新型iPhoneiPhone 14)および2023年の新型iPhoneiPhone 15)は、カメラの画素数および焦点距離が大幅に向上する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 14」は4,800万画素のカメラ「iPhone 15」はペリスコープ望遠レンズを搭載するという。

iPhone 14:ピクセルビニング活用、8K動画撮影にも対応か

iPhone 14」のカメラは、画素数こそ4,800万画素になるが、ピクセルビニングにより従来と同じ1,200万画素の出力になると見られる。ピクセルビニングとは、感度を向上させる技術。隣り合う素子を1つとして取り扱うことで1ピクセルあたりの受光面積を仮想的に大きくし、感度を上げる技術だ。

iPhoneが採用した場合、受光面積は2.5μmになるMing-Chi Kuo氏は予測する。iPhone 13シリーズは1.7μm、iPhone 13 Proシリーズは1.9μm。感度が劇的に向上し、暗所における撮影性能に進化が見られるだろう。

4,800万画素カメラと並行して、8K動画の撮影をサポートする情報もある。AppleのAR/VRヘッドセットは8K〜16Kの解像度が想定されている。iPhoneのカメラが8K動画をサポートすれば、対応コンテンツの幅は広がるだろう。

iPhone 15:ペリスコープレンズで望遠性能を強化か

Appleは2022年にiPhoneのカメラ感度を向上させ、2023年にはペリスコープ望遠レンズの採用で望遠性能を強化する計画だ。

ペリスコープカメラは、潜望鏡のようなミラー構造で光を内部で屈折させ、映像素子に導く仕組み。本体の厚みを抑えながら高い光学ズーム率が実現できる。「HUAWEI P40 Pro 5G」はペリスコープカメラを搭載し、焦点距離125 mmの約5倍の光学ズームを提供している。

(Source: MacRumors

iPhone 14の噂・最新情報

8本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年01月17日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:619968)

    個人的にはデジタルズームも綺麗にして欲しいな
    ディズニーシーのショー見てるとよく使うんですよね

  2. 通りすがりの読者(コメントID:619323)

    8K撮影しても再生するモニターがないでござる
    ペリスコープって14搭載予想だったけど今度は15か…
    もう13Pro買っちゃおうかなぁ…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索