iPhone 14 Pro、パンチホール・ディスプレイ採用でノッチ廃止か

非Proモデルは引き続きノッチ採用、miniモデルは廃止で代わりに低価格帯の6.7インチモデルが登場

Iphone 14 bonus 6 0 5x

2022年の新型iPhoneの上位機種(iPhone 14 Pro)は、パンチホール・ディスプレイを搭載する可能性がある。現行機種の画面上部にあるノッチは廃止される。

THE ELECによると、「iPhone 14」シリーズは合計4機種になるが、6.1インチと6.7インチがそれぞれ2機種ずつのラインアップになるという。非Proモデルは、引き続きノッチを搭載する。iPhone 13 miniに続く5.4インチモデルは、「iPhone 14」シリーズとして用意されないと予測している。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の予測とも一致。Bloombergの名物記者Mark Gurman氏は「iPhone 14」シリーズの特徴を「完全に刷新されたデザイン」としている。

Apple情報を多数公開してきたリーカーのJon Prosser氏は、「iPhone 14 Pro Max」とされるレンダリング画像を公開。同様にパンチホール・ディスプレイを予測しており、本体の厚さが大幅増でカメラ突起の解消、円形の音量ボタン採用でiPhone 4に似たデザインの採用を伝えている。

iPhone 14の噂・最新情報

8本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年01月17日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:618691)

    カメラの厚みは最悪ケースで相殺できるからそれに合わせて本体厚くするのはやめてぇ!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:618687)

    厚み増ってことはきっと重くなるんだー!😭
    カメラの出っ張り帰るのは最高だけど、手首の耐荷重オーバーしそう…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索