iPhone 14 Pro、4,800万画素カメラ搭載でRAMは8GBか

全機種が120Hzディスプレイを搭載、最小ストレージ容量は64GBとの予測

Jeremy bezanger b7T2Qf4itaM unsplash

2022年の新型iPhoneの上位モデル(iPhone 14 Pro)は、4,800万画素の広角レンズを搭載する可能性がある。Haitong International SecuritiesのアナリストJeff Pu氏によると、「iPhone 14」シリーズは、6.1インチと6.7インチが2機種ずつ用意された4機種ラインアップになるという。

Apple情報に詳しいMing-Chi Kuo氏も、ハイエンドモデルは4,800万画素のカメラを搭載し、8Kのビデオ撮影をサポートすると予測している。

Jeff Pu氏は、「iPhone 14 Pro」シリーズに8GBのRAMが内蔵されると予測。全機種が120Hzディスプレイを搭載し、「iPhone 14」シリーズの最小ストレージ容量は64GBになると伝えている。iPhone 13 Proシリーズは、6GBのRAMを搭載している。

Jeff Pu氏のリーク精度は低い、2つに1つは”ハズレ”

リーク精度を管理しているサイト「AppleTrack」によると、Jeff Pu氏のリーク正確性は15件に対して53.3%。憑性は低いほうだ。

リーク正答率100%を誇るディスプレイアナリストのRoss Young氏は、120Hzを採用するのはProモデルのみ予測しているiPhone 13iPhone 13 miniの最小ストレージ容量は128GBからとなっており、「iPhone 14」シリーズにも同様に64GBモデルは用意されない可能性が高い。

(Source: MacRumors

iPhone 14シリーズの噂・最新情報

9本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年01月17日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ぬぶすぷ(コメントID:618887)

    そもそも、120Hzは”Pro”Motion Displayですからね…

  2. 通りすがりの読者(コメントID:618840)

    半分は当たる…🤔
    つまり9600万画素に16GBメモリに240Hzディスプレイのって事か!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索