iPhone SE 3は4.7インチ型・5G対応で2022年に登場、SE 4は6.1インチ型でパンチホールか

コストパフォーマンスの高さが魅力のiPhone SEシリーズの開発計画を、ディスプレイパネルの情報から予測

Ab izVNSj7VwRM unsplash

新型iPhone SEiPhone SE 3)は、iPhone SEの現行モデル(iPhone SE 2)と同じ4.7インチ型ディスプレイを搭載する可能性がある。ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社のCEOを務めるRoss Young氏によると、2021年はiPhone SEの新機種が登場しないが、2022年および2023年はアップデートされるという。

Ming-Chi Kuo氏の予測と一致、パンチホール採用は疑問が残る

Ross Young氏は、「iPhone SE 3」は4.7インチディスプレイを搭載し、Sub-6の5G通信に対応すると予測。2023年のiPhone SE(iPhone SE 4)は、パンチホール型の6.1インチディスプレイを搭載すると伝えている。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、「iPhone SE 3」は2022年前半の登場を予測。4.7インチディスプレイの搭載、5Gのサポート、プロセッサーの性能向上を特徴として挙げている。

2022年の新型iPhone(iPhone 14)は画面上部のノッチを廃止し、パンチホール型ディスプレイへの移行が噂されている。「iPhone SE 4」が同じデザインを採用する可能性は十分あるが、大型デザインリニューアルの翌年に”コスパモデル”が同じデザインになるとは考えづらい。

iPhone SE 2は、2020年4月に発表。筐体は2017年発売のiPhone 8を使用している。

iPhone SE 3の最新ニュース

関連情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:599575)

    来年まで待てなくてSE2買っちゃった

  2. 通りすがりの読者(コメントID:599542)

    個人的にパンチホールはAppleらしくないから嫌だなあ…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索