iPhone 14のモックアップ公開。iPhone 13用ケースはほぼ非対応

iPhone 13シリーズのケースや保護ガラスは次期モデルで使い回せない可能性が高い

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、カメラユニットの大型化やレンズの長さが増している影響により、iPhone 13シリーズ用ケースは装着できない可能性がある。Macお宝鑑定団Blogが、入手した「iPhone 14」シリーズのモックアップを既存のアクセサリーを装着した結果を報告している。

まとめた内容は、以下のとおり。

  • iPhone 14(6.1インチ)
    • カメラユニットのサイズが大型化、iPhone 13用ケースは装着不可
    • ケースサイズがあっていない
    • レンズ径は同じ、レンズは長くなっている
    • 保護ガラスは合わない
  • iPhone 14 Max(6.7インチ)
    • iPhone 13 Pro Max用ケースは装着可能だが、カメラユニットのサイズが合わない
  • iPhone 14 Pro(6.1インチ)
    • カメラユニットのサイズが大型化、iPhone 13 Pro用ケースは装着不可
    • ケースサイズがあっていない
  • iPhone 14 Pro Max(6.7インチ)
    • iPhone 13 Pro Max用ケースは装着不可(カメラ穴が干渉)
    • レンズ径は同じ、レンズ長は長くなっている
    • 保護ガラスは合わない

ノッチを引き続き採用する「iPhone 14」と、デュアルパンチホールデザインを採用する「iPhone 14 Pro」のフロントカメラ部分を比較すると、TrueDepthカメラ用のセンサーハウジングが確認できない。Macお宝鑑定団Blogは、カメラは画面内蔵型(アンダーディスプレイ型)になる可能性を指摘している。

公開情報
更新日2022年04月29日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:625188)

    意外とまるっと違うと逆に選びやすいんですよね
    Xsの時は基本的にXと同じだけど若干カメラの位置が違っていてピッタリだと干渉するケースとかありましたし

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索