iPhone 14 Pro、カプセル型+丸型の2パンチホールデザインが濃厚に

Touch IDは復活せず 各種パーツは画面下に内蔵されず、パンチホールに配置される模様

Iphone 14 pro display design

@RendersbyIanより

2022年の新型iPhoneのProモデル(iPhone 14 Pro)は、カプセル型と丸型の2つの穴が横並びに配置されるパンチホールデザインを採用する可能性が高まってきた。Display Supply Chain Consultants(DSCC)のRoss Young氏によると、TrueDepthカメラの部品は画面に内蔵されない。実現するとしたら、2023年または2024年になるという。

Ross Young氏は、リーク精度を管理しているサイト「AppleTrack」で正答率100%の実績を持つ人物。リーカーのShrimpApplePro氏が明らかにした情報と一致している。2つのパンチホールデザインは「現在進められているデザイン」と説明しており、最終決定するまで数カ月あるが採用される可能性は高いそうだ。

2つのパンチホールには、内向きカメラ、赤外線カメラ、ドットプロジェクタが配置される。画面上の正確な位置は不明だが、カプセル型と丸型の2つを採用することで、すでにカプセル型のパンチホールディスプレイを搭載したHuaweiスマートフォンとの視覚的差別化を図ると見られる。

なおRoss Young氏は、Touch IDが「iPhone 14」シリーズで復活する可能性は低いとコメントしている。

次ページ
余談:カプセル型+丸型のパンチホールを横から見ると……?

公開情報
更新日2022年01月17日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:620674)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:620673)
    ノッチがない分表示できるアイコン増やせそうだけどどうなるだろ? バッテリー残量の%を表示してほしい

    確かに表示のオン・オフが選択できる分にはいいと思います。
    が、普段何気なく%でバッテリー状況を把握するのって、意外と無意識にしているようで精神的に負担が掛かってたりしますからね。
    どちらにしろ温度変動などの影響を受けるのでそんなに精度が高いわけでもないですし、アイコンで構わないかなと思ってます。

    12miniのときは結構バッテリー残量気にしましたが、13ProMaxにしてからは朝の時点で半分でも充電を気にすることはないですし、M1のMBAではコントロールセンターにはありますがメニューバーにバッテリーの表示はしてません。どちらにしろ無くならないので気にしないようにしてます。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:620673)

    ノッチがない分表示できるアイコン増やせそうだけどどうなるだろ?
    バッテリー残量の%を表示してほしい

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索