大手メディア著名記者、iPhone 14 Proのデュアルパンチホールディスプレイ搭載を予測

ノッチを置き換えるカプセル型+丸型のパンチホールディスプレイ

Iphone 13 pro and iphone 13 mini 01

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、ProモデルにiPhone史上初となるパンチホールディスプレイを採用する可能性が高い。Bloombergは4月23日、YouTube公式チャンネルを更新。Appleに詳しい名物記者Mark Gurman氏によると、「iPhone 14 Pro」シリーズはFace ID用としてカプセル型パンチホール、内向きカメラ用として丸形のパンチホールを搭載するという。

5.4インチ型のminiモデルは廃止され、通常モデルとProモデルにそれぞれ6.1インチと6.7インチのディスプレイサイズを用意。合計4機種展開になると予測している。

同じディスプレイサイズが用意されるが、通常モデルとProモデルの機能差は大きくなる。Proモデルには最新の「A16 Bionic」チップと4,800万画素の広角レンズを搭載するが、通常モデルはiPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップ1,200万画素レンズを引き継ぐそうだ。

端末 ディスプレイサイズ チップ カメラ
iPhone 14 Pro 6.1インチ A16 4,800万画素
iPhone 14 Pro Max 6.7インチ
iPhone 14 6.1インチ A15 1,200万画素
iPhone 14 Max 6.7インチ

またアウトドア製品に強みを持つガーミンなどに対抗し、衛星通信を利用した緊急通報機能の実装を伝えている。

公開情報
更新日2022年05月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索