iPhone 14 ProのA16チップ、A15チップと同じ5nmプロセスか

「A16 Bionic」チップはほぼA15 Bionicチップと変わらない可能性

A16 Bionic Chip

2022年の新型iPhoneiPhone 14)シリーズのProモデルに搭載される「A16 Bionic」チップは、iPhone 13 シリーズのA15 Bionicチップと同じ5nmプロセスを採用する可能性が高い。

TSMCのチップ開発ロードマップによると、3nmプロセスの「N3」および4nmプロセスの「N4P」で製造されたチップの量産は2023年以降に開始される予定。Appleが2022年後半に発表する新製品に使用できる最新チップは、5nmプロセスの「N5P」または4nmプロセスの「N4」となる。

「N4」を採用する選択肢もあるが、Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると「N4」は「N5P」に対する優位性がないと指摘。「iPhone 14 Pro」シリーズの「A16 Bionic」チップは「N5P」を採用する可能性が高く5nmプロセスのチップになると分析している。

A16に性能の向上や省電力性能の改善は「期待できない」

A15 Bionicチップも「N5P」で製造されており、「A16 Bionic」はパフォーマンスの向上や省電力性能の改善は期待できないと指摘。チップのナンバリングを変更するのは、マーケティングの意図が大きいのではないかと予測している。

A16 Bionic」チップは”A15 Bionicチップとほぼ同じ”であれば、ますますiPhone 14を待つべき理由がカメラ以外考えづらくなった。

公開情報
更新日2022年05月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索