iPhone 14は待つべきか?カメラ以外の理由が思い当たらない…

噂されているスペック、デザイン、発表・発売のタイミング、価格をもとにした、購入の判断材料をまとめた

Should we wait for iPhone14 01

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、通常モデルとProモデルにそれぞれ6.1インチと6.7インチのディスプレイサイズが用意され、4機種展開になる噂だ。5.4インチの「iPhone 14 mini」は出ない可能性が高い。例年どおりであれば9月に発表・発売されるだろう。

iPhoneの買い換えを検討しているが、数カ月待てば新モデルが出る。「iPhone 14」は待つべきか。現時点では、カメラ性能の向上以外で購入するべき理由がない。円安の影響で、「iPhone 13シリーズとあまり変わらないが、価格が高くなる」状況になる恐れがある。

本記事では、噂されている「iPhone 14」のスペック、デザイン、発表・発売のタイミング、価格をもとにした、購入の判断材料をまとめた。悩んでいる人は、参考にしてもらいたい。

iPhone 14の「待つべきか否か」を多角的に考える

iPhone 14は”待つべきスペック”に進化するのか?

「iPhone 14」シリーズの機能的特徴は限られている。Proモデルは「A16 Bionic」チップ、4,800万画素センサーの搭載が噂されているが、他に目立った進化は期待できない。通常モデルは、6.7インチモデル(iPhone 14 Max)こそ「低価格で大画面」が特徴になるが、6.1インチモデルは目立った進化が期待できない。

現時点で報じられている「iPhone 14」シリーズのスペック・仕様は、以下のとおり。iPhoneのUSB-C化が話題だが、早ければ2023年に実現する噂であり今年は引き続きLightningが採用される。

iPhone 14シリーズ iPhone 14 Proシリーズ
名称 iPhone 14 iPhone 14 Max iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
ディスプレイ 6.1インチ
有機EL
6.7インチ
有機EL
6.1インチ
有機EL
6.7インチ
有機EL
ディスプレイ
デザイン
ノッチ パンチホール
(カプセル型+丸型)
ProMotion
最大120Hz
解像度 2,532 x 1,170 2,778 x 1,284 2,532 x 1,170 2,778 x 1,284
筐体 アルミニウム ステンレススチール
チタン
カメラ 1,200万画素の広角レンズ
センサーサイズの大型化
4,800万画素の広角レンズ
センサーサイズの大型化
チップ A15 Bionic A16 Bionic
RAM 6GB
5G ミリ波+Sub6
外向きカメラ
(概要)
2眼 2眼 3眼+LiDAR 3眼+LiDAR
Face ID

iPhoneのカメラは8年前に”完成”してたかも、という話もあるが、数年ぶりにiPhoneを買い換えを検討しておりカメラ性能に期待している人は、「iPhone 14」シリーズを待っても良いだろう。内向きカメラはオートフォーカスに対応しレンズが明るくなるという噂もある。カメラとして本格的に使うのであればProモデルのほうが満足度は高くなるだろう

しかしカメラ以外の理由で「iPhone 14」シリーズを待つべき理由は、今のところ見当たらない。「A16 Bionic」チップは「A15 Bionic」チップと同じ5nmプロセスを採用しておりパフォーマンスの向上や省電力性能の改善は期待できない。

「iPhone 14」シリーズの最新情報は、「iPhone 14の噂まとめ」記事を随時更新している。あわせてチェックしてもらいたい。

デザインの改良はProモデルのみ。ユーザー体験の違いは不明

「でもiPhone 14 Proはノッチではなく、パンチホールになるじゃない。買い換えるべき価値は十分にあるよ」と感じた人は、「iPhone 14 Pro」または「iPhone 14 Pro Max」を待ってもいいだろう。僕はまだ「待つべき」と言い切れるほどの自信がない。

Proモデルは、カプセル型+丸型のデュアルパンチホール採用が有力だ。CADデータをもとに作られた下記比較画像が正しければ、パンチホールになったとしても画面の占める割合は大きく変わらない。一部情報によると、デュアルパンチホールはノッチに比べて製造コストが約3倍になると報じられているが、機能的な差はないという。新しさはあるが、ユーザー体験に違いがなければ買い換える理由にはならない

デュアルパンチホール以外は、デザインに変化はない。背面のカメラ構成は同じ。厚みは増しカメラユニットのサイズはさらに大型化するため、iPhone 13シリーズ向けのケースとは互換性がないと見られる。

「iPhone 14」シリーズは”デザイン刷新”ではなく、”フルリニューアルモデル”になるとは言い難い。見た目の劇的な変化を期待しているのであれば、「iPhone 14」を待たないほうが良さそうだ。

発表・発売はまだまだ先。今必要なら今買える機種を

「iPhone 14」シリーズは、例年どおりであれば9月に発表・発売される。iPhoneを今すぐ買い換えたいのであれば、9月まで待つより今手に入る機種を選んだほうが良いだろう。

iPhone 13シリーズであれば、ドコモauソフトバンク楽天が取り扱っており、新規やMNPのキャンペーンを活用すればお得に買い換えられる。Apple公式サイトでは5月31日までの期間限定で、古いiPhoneの下取り金額を増額している。

Apple製品の”買い時”は、「Apple製品の買い時ガイド」を参考にしてもらいたい。

急激な円安で値上げの恐れ。iPhone 14も影響を受ける可能性大

「iPhone 14」シリーズで最も懸念しているのは、円安による値上げだ。カメラ性能以外は乏しい新機能、代わり映えしないデザインに対し、値上げを許容できるだろうか

Apple公式サイトが取り扱うiPhone 13シリーズの容量別価格は、以下のとおり。

SIMフリーモデル iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
128GB 86,800円 98,800円 122,800円 134,800円
256GB 98,800円 122,800円 134,800円 146,800円
512GB 122,800円 134,800円 158,800円 170,800円
1TB 182,800円 194,800円

「iPhone 14 mini」は用意されず「iPhone 14」が最安モデルと位置づけられるため、98,800円スタートになる。円安の影響を踏まえると10万円以上になり、「iPhone 14 Pro Max」の1TBモデルは20万円を超えてくるだろう。

で、結局iPhone 14は待つべきなのか

Iphone camera is the only reason to upgrade 01

結局のところ、「iPhone 14」シリーズは待つべきか。

大前提として、噂だけでiPhoneの買い替えタイミングを決めることにはリスクがある。実績のあるリーカーやジャーナリストでも、発売が近づくにつれて予想を変更することがある。また一部の国内メディアは、情報元の信憑性を確認せずに、実現可能性の高い情報であるかのように記事化している場合がある。新型iPhoneの噂に限った話ではないが、あらゆる情報はダブルチェックしたほうが良い。

iPhoneのUSB-C化も同じ。2023年で確実に切り替わるとは限らない。「今年は見送って来年買い換える」と表明している人もいるが、EUの法案対策だとすれば2024年まで対応する義務がない。前倒しで切り替える可能性はあるが、決定した情報はない。Bloombergも「”早ければ”2023年」と表現している。

確実に言えるのは、カメラ性能を重視するのであれば性能が向上する新モデルを待つべきだ。AppleはiPhoneのカメラ性能を重要視しており、毎年必ず進化する。

チップ性能は違いが体感できない可能性が高い。デザインは大きく変わらない。目立った新機能は報じられていない。チップ性能も変わらない。価格は値上げ濃厚だ。「iPhone 14」シリーズにおいて待つべきではない理由はいくらでもあるが、カメラ性能を求めるのであれば待つ価値は十分にある

余談だが、子どもが生まれたパパやママから「カメラを買うべきか」という相談を受けることがある。カメラ未経験であれば、間違いなくiPhoneを買い換えたほうがいい。ポートレートモードの精度は年々向上しており、ミラーレスカメラのようなボケ味を再現できる。シネマティックモードを使った動画は、それっぽく見える。カメラそのものに興味がなければ、iPhoneに任せたほうが満足できる

僕は仕事を抜きにしても、子供の写真クオリティを上げるために毎年のiPhone買い替えはマスト。最近はRAWフォーマットが取り扱えるようになり、サブカメラとしての存在意義を高めている。荷物を必要最小限にしても、iPhoneがあれば”使える”カメラがあるという安心感がある

カメラ性能以外では、iPhoneを毎年買い換えるモチベーションは見出だせない。カメラ性能も8年前に”完成”していたと言われるぐらいなので、強いこだわりが無ければ「iPhone 14」シリーズを待つ必要は無いだろう。

かつてiPhoneは毎年買い換える人も多く、少なくとも2年おきの買い替えが一般的だった。今となっては、毎年iPhoneを買い換える人は少数派。最新機種やカメラ性能に強いこだわりが無ければ、「iPhone 14」シリーズを待たずに現行機種または旧機種を安く購入し、浮いたお金を他に回してみてはどうだろうか。

あわせて読みたい

公開情報
更新日2022年05月30日
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:626920)
    コメント先:モンちゃん(コメントID:626919)
    まだまだ予想段階ですが、色々と情報が出てきた今の段階で、ゴリさんの予想では、一時期噂になっていた、フラットな背面カメラと、13よりも出っ張りが激しくなったカメラの予想と出ていますが、やっぱり、出っ張りが激しくなったカメラになると思いますか?

    多くのCADデータが出っ張りが増すと示唆していることに加えて、フラットなデザインを予測したJon Prosser氏も「今年ではなさそう」と認めていることもあり、出っ張りの増すカメラが採用されると思って見ていますよ!

    ※いただいたコメントに必要のない表現が含まれており読む人を不快にする恐れがあったため、コメントを一部削除しました。意味は十分に伝わっておりますので、ご了承ください。

  2. モンちゃん(コメントID:626919)

    まだまだ予想段階ですが、色々と情報が出てきた今の段階で、ゴリさんの予想では、一時期噂になっていた、フラットな背面カメラと、13よりも出っ張りが激しくなったカメラの予想と出ていますが、やっぱり、出っ張りが激しくなったカメラになると思いますか?

  3. 通りすがりの読者(コメントID:626827)

    Xs使っててせっかく待ったんだから14まで待とうという気持ちとXsからなら13でも十分幸せになれるし多分14値上がりするぞという気持ちで揺れ動いてます

  4. 通りすがりの読者(コメントID:626809)

    毎年ベーシックなモデル(ProとかminiとかPlusじゃないやつ)を買ってるけど今年は悩みそう。

  5. ファーファ(コメントID:626792)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:626790)
    うん。正直、12proと13proのカメラは別物。12以前は使い物にならなかったけど、13proは日中も夜もかなりきれい。HDRが効いてる感じがすごくするんだ。

    ですよね〜。正直、マクロ撮影だけ期待してたので予想外の驚きでした。

  6. 通りすがりの読者(コメントID:626790)
    コメント先:ファーファ(コメントID:626789)
    14 Proが出るまで12 Proを使い続けようと思ってました。が、やはりカメラ改良とピルホールデザイン変更に対して、円安+本体価格の値上げで26,000円高くなるのは払えないな〜ということで13 Proの容量デカめのを買いました。案外12 Proから13 Proでもカメラ性能が全然違ってていいですね。

    うん。正直、12proと13proのカメラは別物。12以前は使い物にならなかったけど、13proは日中も夜もかなりきれい。HDRが効いてる感じがすごくするんだ。

  7. ファーファ(コメントID:626789)

    14 Proが出るまで12 Proを使い続けようと思ってました。が、やはりカメラ改良とピルホールデザイン変更に対して、円安+本体価格の値上げで26,000円高くなるのは払えないな〜ということで13 Proの容量デカめのを買いました。案外12 Proから13 Proでもカメラ性能が全然違ってていいですね。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索