iPhone 13の噂まとめ:発売日はいつ?新機能や価格など最新情報

随時更新:2021年の新型iPhone(iPhone 13シリーズ)について分かっていることすべて

2021 iphone 13 series all rumors

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、デザインはiPhone 12と同じだが、カメラレンズの大型化、チップの性能向上、電池持ちの改良が特徴になる。一部モデルは、120Hzディスプレイの搭載、指紋認証(Touch ID)が画面に内蔵されるとの噂がある。例年通り9月頃に発表・発売されるだろう。

本記事には新型iPhone(iPhone 13)の特徴スペック・仕様発表日・発売日価格など最新情報を随時更新してまとめている。「iPhone 13」を購入予定の人や、iPhoneの購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

※一部では「iPhone 12s」シリーズになると予測されている。本記事では暫定的に「iPhone 13」シリーズとする。

「iPhone 13」シリーズは、マイナーアップデートになる見通し。記事執筆時点で報じられている「iPhone 13」シリーズのスペックや仕様は、以下のとおり。新しい情報が入り次第、本記事を追記・修正する。

iPhone 13シリーズの特徴や新機能

  • 2021年の新型iPhoneは4種類
    • iPhone 13シリーズ
      • iPhone 13 mini(5.4インチ)
      • iPhone 13(6.1インチ)
    • iPhone 13 Proシリーズ
      • iPhone 13 Pro(6.1インチ)
      • iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)
  • 発表日・発売日はいつ?
  • 特徴(実現可能性:高)
    • A15 Bionicの搭載
    • 120Hz対応LTPOディスプレイの搭載(iPhone 13 Proシリーズ)
    • ノッチ幅の縮小
    • 全機種がカメラユニットとレンズの大型化
    • 全機種がセンサーシフト光学式手ブレ補正
    • 1TBモデルの追加(iPhone 13 Proシリーズ)
  • 特徴(実現可能性:中)
    • 画面内蔵Touch ID
    • 5Gミリ波のサポート対象国の拡大
    • 超広角カメラの性能向上
    • 動画ポートレートモードの追加
    • 常時表示ディスプレイ
    • Wi-Fi 6Eのサポート
  • 特徴(実現可能性:低)
    • USB-Cポートの搭載
    • ポートレスモデルの登場
    • 電源ボタン内蔵型Touch ID

iPhone 13シリーズのスペック

iPhone 13シリーズ iPhone 13 Proシリーズ
名称 iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
ディスプレイ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
解像度 2,340 x 1,080 2,532 x 1,170 2,532 x 1,170 2,778 x 1,284
筐体 アルミニウム アルミニウム ステンレススチール ステンレススチール
チップ A15 Bionic
RAM 4GB 6GB
5G ミリ波+Sub6
ディスプレイ 有機EL 有機EL 有機EL 有機EL
120Hz
リフレッシュレート
外向きカメラ
(概要)
2眼 2眼 3眼+LiDAR 3眼+LiDAR
進化した超広角カメラ
Face ID
画面内蔵指紋センサー
Touch ID
外向きカメラ
(手ブレ補正機構)
センサーシフト光学式

サイズ・デザイン

IPhone12Pro Review 10

概要
  • iPhone 12シリーズと同じ4機種展開、同じデザイン
  • 黒系のカラーは「マットブラック」に
  • 全モデル厚み増(+0.26mm)
  • ノッチ幅の縮小
  • カメラユニットの大型化、レンズの大型化・突起増加
  • カメラレンズの配置変更(iPhone 13とiPhone 13 mini)

サイズ

「iPhone 13」シリーズは、iPhone 12シリーズ同様に4機種展開になる可能性が高い。デザインは引き継ぐが厚さが0.26mm増し、ボタンの位置が変わる。iPhone 12シリーズ用ケースは利用できない可能性が高い。

ノッチ

画面上部の切り欠き(ノッチ)は無くならないが、ディスプレイ上を占める面積は減るとの情報はある。通話スピーカーがベゼルに移動したことで、横幅が細くなっている。

New display panel photos leak
@duanrui1205より

Lightningポート:継続

「iPhone 13」シリーズは、Lightningポートを搭載する。

一部モデルのLightningコネクタ撤廃が噂されていたが、Ming-Chi Kuo氏はMagSafeエコシステムの未熟さを理由に、ポートレスモデルの登場を否定。USB-CはLightningと比べて防水性能が低いことで搭載せず、当面の間はLightningコネクタが継続されるそうだ。

カラバリ:”マットブラック”の噂

新しいカラーバリエーションとして、iPhone 12 Proシリーズのグラファイトを置き換える「マットブラック」が用意される可能性がある。ステンレススチールフレームは、新しい指紋防止コーティングの追加により目立たなくなると伝えられている。

カメラ:ユニットもレンズも大型化、レンズの突起が増加

「iPhone 13」シリーズのCAD画像、図面、モックアップ、レンダリング画像、ダミーユニットが続々と流出。カメラユニットは大型化レンズの直径は20%増加し、突起は最大で約1mm近くまで増すと見られる。ケース無しでは机の上で安定しないだろう。

IPhone13ProMax FirstLook 09
「iPhone 13 Pro Max Early Look」より

「iPhone 13」および「iPhone 13 mini」は、レンズの配置が縦から斜めに変更。右上にLEDフラッシュ、左下にマイクが配置される。センサー式光学手ブレ補正に対応するため、物理的なスペースの確保による変更と考えられる。

Iphone 13 mini rendering everything apple pro 1
EverythingAppleProより

ディスプレイ

IPhone12 Review Display Photos 02

概要
  • 有機EL
  • 120Hz対応LTPOディスプレイを搭載(iPhone 13 Proシリーズのみ)
  • 常時表示ディスプレイ機能

120HzのLTPOディスプレイ

「iPhone 13」シリーズは、全モデルが有機ELディスプレイ(Super Retina XDR Display)を採用するだろう。「iPhone 13 Pro」シリーズは、LTPO技術を搭載した120Hzリフレッシュレートのディスプレイを搭載する可能性が高い。

高いリフレッシュレートのメリットは、画面のスクロールなど各種操作やエフェクトのアニメーションの滑らかさ。デメリットは、バッテリー消費の増加。「iPhone 13 Pro」シリーズはLTPO技術を採用することで、バッテリー消費を抑えながら滑らかな表示を実現するだろう。

常時オンディスプレイ

LTPO技術の採用により、Apple Watchのような常時表示ディスプレイの対応も噂されている。時間やバッテリー残量が常時表示された”実質的にトーンダウンされたロック画面”が用意されるそうだ。

カメラ

IPhone13ProMax FirstLook 02
「iPhone 13 Pro Max Early Look」より

概要
  • iPhone 13シリーズ共通カメラ仕様
    • センサーシフト光学式手ブレ補正の対応
  • iPhone 13 Proシリーズ限定のカメラ仕様
    • 超広角レンズの絞り値がf/2.4からf/1.8に
    • 超広角レンズの構成枚数が5枚から6枚まで増加
    • 超広角レンズがオートフォーカス対応
    • 望遠レンズが2.5倍ズームに共通化
    • iPhone 13 Pro Maxのみf1.5の広角レンズ搭載
  • 天体写真に特化した専用モード
  • ビデオ撮影のポートレートモード

センサーシフト光学式手ブレ補正

「iPhone 13」シリーズは、センサーシフト光学式手ブレ補正が全機種に搭載されるという噂がある。昨年はiPhone 12 Pro Maxに限定されていた。

センサーシフト光学式手ブレ補正とは、一眼レフカメラなどにも使われる手ブレ補正機能。センサーが動くことで手ブレを相殺するため、実装には物理的なスペースが必要になる。

そのため「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」は、カメラの配置が縦から斜めに変更全機種のカメラユニットが大型化され、レンズの突起も最大で約1mm増すと見られている。

超広角レンズ、望遠レンズの性能向上

「iPhone 13 Pro」シリーズは、超広角レンズの性能向上が見られそうだ。レンズの絞り値がf/2.4からf/1.8になり、暗所性能が強化。レンズの構成枚数が5枚から6枚まで増え、歪みが低減されるだろう。またオートフォーカス機能追加の情報もある。

望遠レンズは両機種とも光学2.5倍ズームに統一されるそうだ。

f1.5の広角レンズ(iPhone 13 Pro Max)

「iPhone 13 Pro Max」のみ、f1.5の広角レンズを搭載する可能性がある。「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」の広角レンズは、iPhone 12シリーズと同じ7枚構成/f1.6のレンズを搭載するという。

ポートレートモードの精度向上

ポートレートモードは、精度が”劇的に向上する”可能性がある。現在のポートレートモードは、望遠と広角(または広角と超広角)のレンズを同時に作動させることでボケ味を再現。LiDARスキャナの深度情報が加わることで、エッジ認識の精度向上が期待できる。

天体モード、ビデオポートレートモード

天体写真に特化した専用モードの実装、ビデオ撮影のポートレートモードの追加も噂されている。ビデオポートレートモードは、撮影しながら被写界深度をリアルタイムで変更できる仕組みが開発されている。

Face ID/Touch ID

Iphonex gorime hoodie and yellow shirt 07

概要
  • Face ID
  • Touch ID(画面内蔵指紋センサーを採用)

「iPhone 13」はFace IDに加え、Touch IDがディスプレイに内蔵されて復活する可能性がある。Qualcommが今月が発表した、第2世代の3D Sonic Sensorが採用されると見られている。

Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone 13」はFace IDとTouch IDを両方搭載すると予測しており、リーカーのJon Prosser氏は、画面内蔵型Touch IDを搭載しているiPhoneの試作機が2種類存在しているとの情報を伝えている。他にもBloomberg、WSJなどの主要メディア、正答率が100%に限りなく近いリーカーの有没有搞措氏などがiPhoneのTouch ID復活を報じており、実現する可能性は高い

iPhoneに指紋認証が復活するならば、「iPhone 13」シリーズがベストタイミングだろう。iPhone 13 miniにも搭載されるか、注目が集まる。

5G

James yarema G3q7mxXkP M unsplash

概要
  • Snapdragon X60モデムチップ内蔵
  • ミリ波対応国の拡大
  • 電池持ちの改良
  • 通信速度の高速化

「iPhone 13」シリーズは、世界で初めて5nmプロセスを採用した5Gモデム「Snapdragon X60」を搭載するだろう。Qualcommの和解文書にも明記されており、実現可能性は高い。

特徴は、通信時における電池持ちの改善と、世界各国で使用される5G帯域のサポート。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、日本、カナダ、オーストラリア、主要の欧州諸国でミリ波が解禁されるという。

ミリ波に対応すれば、特にアップロード速度が劇的に高速化する。写真や動画の投稿は、今までよりも短時間で終わるだろう。

プロセッサ

概要
  • A15 Bionic

「iPhone 13」シリーズは、5nm+プロセスを採用した「A15 Bionic」チップを搭載するだろう。5nmプロセスを採用したA14 Bionicチップと比較し、演算速度が7%向上し、電力消費を15〜20%抑えられると見られる。

バッテリー

概要
  • バッテリー容量がiPhone 12シリーズと比べて8〜18%増加

Weiboに投稿された中国認証機関の申請情報と見られるスクリーンショットによると、「iPhone 13」シリーズのバッテリー容量は、iPhone 12シリーズと比べて8〜18%増加するという。

機種名 バッテリー容量
iPhone 13 mini 2,406mAh(8%増
iPhone 12 mini 2,227mAh
iPhone 13またはiPhone 13 Pro 3,095mAh(9.9%増
iPhone 12とiPhone 12 Pro 2,815mAh
iPhone 13 Pro Max 4,352mAh(18%増
iPhone 12 Pro Max 3,687mAh

「A15 Bionic」チップ、Snapdragon X60 5Gモデム、LTPOディスプレイの組み合わせにより、「iPhone 13」シリーズの電池持ちは改善される可能性がある。

発表日・発売日

概要
  • 9月に発表および発売

「iPhone 13」シリーズは、9月頃に発表および発売されると見られる。昨年は10月に発表イベントが開催され、10月半ばから11月にかけて全機種が発売された。

Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone 13」シリーズの量産開始は例年のスケジュールに戻り、初夏にスタートできる見通しだと予測。ただし新型コロナウイルスの影響次第では、計画が変わる可能性がある。

iPhone 12以前の招待状配布日、発売日、予約開始日、発売日は以下のとおり。

モデル(年) 招待状配布 発表日 予約開始日 発売日
iPhone 12 mini/12 Pro Max(2020) 10/7(水) 10月14日(火) 11/6(金) 11/13(金)
iPhone 12/12 Pro(2020) 10/7(水) 10月14日(火) 10/16(金) 10/23(金)
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max(2019) 8/30(金) 9/11(水) 9/13(金) 9/20(金)
iPhone XS/XS Max(2018) 8/31(金) 9/13(木) 9/14(金) 9/21(金)
iPhone XR(2018) 8/31(金) 9/13(木) 10/19(金) 10/26(金)
iPhone X(2017) 9/1(金) 9/13(水) 10/27(金) 11/3(金)
iPhone 8/8 Plus(2017) 9/1(金) 9/13(水) 9/15(金) 9/22(金)
iPhone 7/7 Plus(2016) 8/30(火) 9/8(木) 9/9(金) 9/16(金)
iPhone 6s/6s Plus(2015) 8/28(金) 9/10(木) 9/12(金) 9/25(金)
iPhone 6/6 Plus(2014) 8/29(金) 9/10(水) 9/12(金) 9/19(金)

ストレージ容量と販売価格

「iPhone 13」シリーズは、ストレージ容量が1TBのモデルが用意される可能性がある。

iPhone 12シリーズのApple公式サイトにおける販売価格(税別) は以下のとおり。

SIMフリーモデル iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
64GB 74,800円 85,800円
128GB 79,800円 90,800円 106,800円 117,800円
256GB 90,800円 101,800円 117,800円 128,800円
512GB 139,800円 150,800円

iPhone 13のニュースをチェックする

52本の記事を表示する
特集
関連情報
更新日2021年06月16日
コメント(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:600848)

    appleは、固定観念的に必要だと思いこんでいる従来の機能や規格をバッサリ切り捨てて
    ユーザに必要なかったことを気づかせることが上手い印象があったけど(macの接続端子や,iphoneのイヤホンジャックとか)
    コロナ関係なくTouchIDだけは必要だったと思う。
    寝転がりながらとか、部屋が暗いときに欲しくなるから復活に期待

  2. 通りすがりの読者(コメントID:600344)

    FaceIDの方が技術的には高度で、本来ならミドルエンド以下の製品にTouchIDを搭載する予定だったのだろう
    Appleもここまでマスク社会になるとは予想できなかっただろうし、製品開発的にも中々すぐに方針転換は難しいはず
    iPhoneレベルの売り上げと影響力なら13(仮)には両搭載はしてくるだろうなとは思いますがね

  3. g.O.R.i(コメントID:600342)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:600341)
    Touch ID毎年言われているけど、 新型iPadにTouch ID排除されたしもうiphoneに追加されることはなさそう。

    ん??iPad Proはここ数年はずっとFace IDですよ??

  4. 通りすがりの読者(コメントID:600341)

    Touch ID毎年言われているけど、
    新型iPadにTouch ID排除されたしもうiphoneに追加されることはなさそう。

  5. g.O.R.i(コメントID:594216)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:594215)
    別の者ですが、セラミッシールドは割れにくいですがキズ耐性は今までと同様ですよね? 11Proのとき最初はレザーフォリオ使う代わりにフィルム無し!を試しましたが、すぐ小キズが付いてしまったので、小キズ隠しも兼ねて急いでガラスフィルム使用再開しました。 個人的にはフィルムは手放せません。

    あーその通りですね。傷耐性は期待してたほどないですね……。かくいう僕も普通にフィルム貼ってますもん。どうなるのかなぁー楽しみと不安が半々……🤔

  6. 通りすがりの読者(コメントID:594215)

    別の者ですが、セラミッシールドは割れにくいですがキズ耐性は今までと同様ですよね?
    11Proのとき最初はレザーフォリオ使う代わりにフィルム無し!を試しましたが、すぐ小キズが付いてしまったので、小キズ隠しも兼ねて急いでガラスフィルム使用再開しました。

    個人的にはフィルムは手放せません。

  7. g.O.R.i(コメントID:594201)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:594200)
    Touch IDがディスプレイに内蔵されることは素晴らしいのですが、ガラスフィルムを貼ると全く機能しないスマホを持ってるので少々心配です。アップルは大丈夫だといいです。

    確かに昔のGalaxyシリーズは、ガラスフィルム貼ると動作しなくなってましたよねぇ……どうなるんでしょう。でもまあ、ガラスフィルムを貼らなくても良いようにガラスを超頑丈にしたのがセラミックシールドで、それをiPhone 12の時点で実装したのは理由がある……というのは深読みしすぎですかねwww

  8. 通りすがりの読者(コメントID:594200)

    Touch IDがディスプレイに内蔵されることは素晴らしいのですが、ガラスフィルムを貼ると全く機能しないスマホを持ってるので少々心配です。アップルは大丈夫だといいです。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索