iPhone 13のWi-Fi 6Eサポートする新たな情報

今後は「Wi-Fi 6E」対応ルーターが市場に増えるのだろうか

Frederik lipfert y67dwfB2AiM unsplash

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Wi-Fi 6Eをサポートする可能性がある。Digitimesが報じた。Barclaysのアナリストらが今年1月に同様の予測を発表している

Wi-Fi 6Eとは、2020年1月にWi-Fi Allianceが発表した新たなWi-Fiの規格。「E」は”Extended”を意味し、Wi-Fi 6を拡張した規格だ。Wi-Fi 6Eは、従来のWi-Fiがサポートする2.4GHz帯と5GHz帯に加え、6GHz帯が利用可能。6GHz帯は、今後世界各国で免許不要で電波を使うことができる周波数帯(アンライセンスドバンド)になる見通しだ。

Appleは「iPhone 13」シリーズを9月に発表・発売する見通し。プロセッサー、カメラ、ディスプレイの改良が主な特徴となるマイナーアップデートになると予想されており、一部で熱望されていた画面内蔵Touch IDの搭載は断念したと報じられている。

(Source: Digitimes via MacRumors

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索