iPhone 13、Wi-Fi 6Eをサポートか

Wi-Fi 6Eは今後世界各国で免許不要で電波を使うことができる周波数帯をサポートする

Frederik lipfert y67dwfB2AiM unsplash

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Wi-Fi 6Eをサポートする可能性がある。BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏が公開した、投資家向けの最新レポートで明らかになった。

AppleはiPhone 11以降のモデルからWi-Fi 6をサポートしている。

Wi-Fi 6Eとは

Wi-Fi 6Eとは、2020年1月にWi-Fi Allianceが発表した新たなWi-Fiの規格。「E」は”Extended”を意味し、Wi-Fi 6を拡張した規格だ。Wi-Fi 6Eは、従来のWi-Fiがサポートする2.4GHz帯と5GHz帯に加え、6GHz帯が利用可能。6GHz帯は、今後世界各国で免許不要で電波を使うことができる周波数帯(アンライセンスドバンド)になる見通しだ。

6GHz帯の追加により、通信チャンネルが追加されデータ伝送速度が高速化される。データ通信量の多い動画ストリーミングやVRコンテンツでのの活用が期待される。

Appleは今年9月、iPhone 13シリーズを発表すると予測されている。

(Source: MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索