11インチ/12.9インチiPad Pro、iPadOS 16.2へのアップデートでWi-Fi 6Eに対応

仕様ページが「2x2 MIMO対応Wi‑Fi 6E(802.11ax)、最大2.4Gbpsの速度、同時デュアルバンド」に変更

Ipad pro wifi 6e compatible in japan

M2チップを搭載した11インチiPad Pro(第4世代)と12.9インチiPad Pro(第6世代)は、iPadOS 16.2のソフトェアアップデート適用後、Wi-Fi 6Eをサポートに対応した。両モデルは今年10月発売。当初はWi-Fi 6Eのサポートは記載されていなかった。

変更を受け、仕様ページは「2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)から「2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6E(802.11ax)、最大2.4Gbpsの速度、同時デュアルバンド」になった。

Wi-Fi 6Eとは、2020年1月にWi-Fi Allianceが発表した新たなWi-Fiの規格。「E」は”Extended”を意味し、Wi-Fi 6を拡張した規格だ。Wi-Fi 6Eは、従来のWi-Fiがサポートする2.4GHz帯と5GHz帯に加え、6GHz帯が利用可能。6GHz帯は、今後世界各国で免許不要で電波を使うことができる周波数帯(アンライセンスドバンド)になる見通しだ。

(Source: Mac OTAKARA

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索