iPhone 12は6GBのRAMを搭載か iPhone SE2の製造は2月に開始するとの噂

iPhone 12 Pro/Pro Maxは3Dセンシングに対応した外向きカメラを搭載か

Thai nguyen X5V7hb7CxNY unsplash iphone 11 with box

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏がAppleのサプライチェーン企業から入手した情報をもとに、2020年のiPhoneに関する予想を発表している。

いわく、「iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 Pro Max」は6GBのRAMを搭載し、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」に搭載されている4GBのRAMよりも1.5倍も増えると予想している。また、3Dセンシングに対応した外向きカメラを搭載し、5G通信をサポートするためにミリ波をサポートするという。

iPhone 12には6GBではなく4GBのRAMになる見通し

一方、「iPhone 11」の後継モデルと位置付けられる「iPhone 12」のRAMは4GBのままになる見通し。

端末の外観は「iPhone 8」に似たモデルになると見られている「iPhone SE2」について、2020年2月に製造が開始されると見られている。これまでの情報によると、「3D Touch」はサポートされず、赤いカラーモデルが用意される模様。スペックは「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると見られ、「iPhone 11」シリーズに匹敵する処理能力を持つと期待される。

搭載されているカメラなどについては分かっていない。具体的な発売日は分かっていないが、2020年3月までに登場すると見られている。

(Source: MacRumors

コメントを残す(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(3件)
  1. んちまみ

    6GってiPad Proより大きいって事ですよね。流石に無いと思いますねー( ̄(工) ̄)w

  2. 通りすがりの読者

    SE2にA13積むのは難しくないですかね…
    せめてA12だとは思いますが

    1. g.O.R.i

      どうでしょうかねぇ〜

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索