iPhone 13、5G通信時における電池持ちが改善か

Snapdragon X60 5Gモデムを搭載する可能性が高いーーQualcommとの和解文書にも記載あり

James yarema G3q7mxXkP M unsplash

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Snapdragon X60 5Gモデムを搭載する可能性がある。Digitimesにが報じた。MacRumorsによると、Qualcommとの和解文書には、2021年の新型iPhoneにはSnapdragon X60、2022年の新型iPhoneにはSnapdragon X65を搭載すると記載されているという。

Snapdragon X60 5Gモデム搭載によるiPhone 13への影響

Snapdragon X60の特徴は、2つ。5nmプロセスの採用と、世界各国で使用される5G帯域のサポートだ。

5nmプロセスで電池持ちが改善か

Snapdragon X60は、世界で初めて5nmプロセスを採用した5Gモデムだ。消費電力が抑えられており、5G通信時における電池持ちが改善される可能性がある。

iPhone 12シリーズに搭載されているSnapdragon X55は7mmプロセスを採用。5Gは4Gと比べて電池持ちが20%も短くなると報告されており、5Gモデムの改良による電池持ちの改善は歓迎したい。

米国以外でも5Gミリ波サポートを実現か

またSnapdragon X60は、世界各国の5G帯域に対応した初のモデムチップでもある。ミリ波Sub6の同時通信を可能にするキャリアアグリゲーションをサポートし、高速かつ低遅延の通信を実現。最大アップロード速度は7.5Gbps、最大ダウンロード速度は3Gbpsとなっている。

「iPhone 13」は、米国以外でもミリ波をサポートすると噂されている。Snapdragon X60の採用により、日本を含む世界各国でミリ波による5G通信が解禁される可能性がある。

これまでのニュースをチェックする

4本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年09月05日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索