iPhone 13 Proは120HzのLTPOディスプレイ搭載、消費電力も15〜20%削減か

高いリフレッシュレートに対応しながらも、電池持ちが改善される可能性

Using the iPhone 12 Pro 05

2021年の新型iPhone(iPhone 13)のProモデル2機種は、120Hzのリフレッシュレートに対応したLTPOディスプレイを搭載する可能性がある。Digitimesによると、SamsungとLG Displayは製造能力の一部を、「iPhone 13 Pro」用のLTPO有機ELパネルに移行しているという。移行は2021年前半までに完成する予定だ。

SamsungとLG Displayに加え、BOEも「iPhone 13 Pro」用LTPOディスプレイの製造をテストしているそうだ。

消費電力の削減はA15 Bionicチップで実現か

iPhoneの現行機種は、いずれもリフレシュレートが60Hzで固定されている。120Hzになれば画面のスワイプやアプリの機動アニメーションなど画面上の動きが滑らかになるが、電池消費は激しくなる。

LTPOは、リフレッシュレートを可変式にすることで電池の消費を抑える狙いがある。Apple Watch Series 6の常時表示ディスプレイに採用されており、通常は最大60Hzに設定されているリフレッシュレートを、文字盤が表示されていない時は1Hzまで低減している。

Digitimesは、「iPhone 13 Pro」の消費電力が15〜20%削減されると報じている。詳細は不明だが、LTPOディスプレイと「A15 Bionic」の密な連携により実現すると考えられる。

iPhoneのAチップを長年製造しているTSMCは、「A15 Bionic」の大量出荷を前倒しで5月末に開始する見通し。「A15 Bionic」は5nm+プロセスを採用し、5nmプロセスを採用したA14 Bionicと比べて演算速度が7%向上し、電力消費を15%抑えられると予想されている。

「iPhone 13」シリーズは、例年通り9月頃に発表および発売されると見られている。

(Source: DigiTimes via MacRumors

120HzやLTPOに関するニュース

関連情報
更新日2021年04月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索