iPhone 13 Pro、LTPO対応で120Hzディスプレイ搭載か

iPhone 13とiPhone 13 miniは引き続き60Hzディスプレイになる見通し

Using the iPhone 12 Pro 05

2021年の新型iPhone(iPhone 13)のうち、上位機種(iPhone 13 Pro)のディスプレイはLTPO技術を搭載し、120Hzのリフレッシュレートを実現する可能性がある。

LTPOはLow Temperature Polycrystalline Oxide(低温ポリシリコン酸化物)の略。Apple Watch Series 6の常時表示ディスプレイに使用されている。通常は最大60Hzに設定されているリフレッシュレートを、文字盤が表示されていない時は1Hzにまで大幅に低減することで実現している。

待望の120Hzディスプレイ、2021年の新型iPhoneで実現か

高いリフレッシュレートのメリットは、画面のスクロールなど各種操作やエフェクトのアニメーションが非常になめらかになること。デメリットは、バッテリー消費の増加。iPhone 13 ProにLTPO技術を採用することで、バッテリー消費を抑えながら滑らかな表示が実現できるだろう。

iPhone 12 Proは120Hzディスプレイの搭載が期待されていたが、実装に至らなかった。噂によると、120Hzディスプレイに関するハードウェアテストで「iPhone 12 Pro」は20種類のうち3種類が不合格、「iPhone 12 Pro Max」は4種類が不合格だったとされている。

ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社のRoss Young氏は、「iPhone 12 Pro」が120Hzディスプレイを搭載しないと正確に予測。実現は2021年以降になるとしている。

(Source: THE ELEC via MacRumors

これまでのニュースをチェックする

4本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年10月27日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索