iPhone 13 Pro用のLTPO有機ELディスプレイはSamsung製か

120Hzディスプレイを可能にする技術、Samsungが独占提供か

Adrien Pvck4ScQH9E unsplash

新型iPhoneの上位モデル(iPhone 13 Pro)は、Samsung製のLTPO有機ELディスプレイを搭載する可能性がある。UBI Researchによると、Samsungは2021年前半に製造を開始し、独占サプライヤーになるという。

電池消費を抑えながら滑らかなディスプレイ表示を実現か

LTPOとは、Low Temperature Polycrystalline Oxide(低温ポリシリコン酸化物)の略称。Apple Watch Series 5の常時オンディスプレイに使用され、従来は60Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイを、状況に応じて1Hzまで抑えることができる。

iPhone 13 Pro」はLTPO技術を搭載し、120Hzのリフレッシュレートを実現すると見られている。必要に応じリフレッシュレートを調整でき、バッテリー消費を抑えながら滑らかな表示が可能になる。

LTPO技術の採用により、Apple Watchのような常時表示ディスプレイ対応の噂もある。時間やバッテリー残量が常時表示された”実質的にトーンダウンされたロック画面”になるそうだ。

iPhone 13」シリーズの最新情報は、以下の記事を参考にしてもらいたい。

(Source: THE ELEC via MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索