実現する可能性が低い、iPhone 13に関する4つの噂

「今年こそは実現してほしい」と言われ続けているアレやコレ、今年も実現しない可能性が高そう……

Iphone13 rumors not likely happening

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、今月中に発売される可能性が高い。デザインの刷新、5G対応など、大きな変化があった昨年のiPhone 12シリーズと比べて、「iPhone 13」シリーズは”マイナーアップデート”になるだろう。

カメラ性能の進化、ノッチの小型化、ディスプレイ性能の向上など、実現可能性の高い噂がある一方で、実現可能性の低い噂もいくつか存在する。本記事ではiPhone 13」シリーズでは実現する可能性の低い4つの噂をまとめた。購入を検討している人は、参考にしてもらいたい。

iPhone 13は目に見えて分かる・体験できるハードウェアの変化が少ない

Touch IDの復活

IPhone13 with InDisplay Touch ID Concept Image 01

「iPhone 13」に指紋認証の復活を望む声は多いが、噂されていた画面内蔵Touch ID実現しない可能性が高い。「画面に内蔵しなくてもいいから、iPad Airと同じように電源ボタンに内蔵してほしい」との声もあるが、電源ボタンにTouch IDが搭載されたモデルが「iPhone 13」として登場する噂は報じられていない。

AppleがiPhoneで目指しているのは、Face IDをディスプレイに内蔵しベゼルレス化すること。将来的にTouch IDが復活する可能性はあるが、ハイエンドモデルに搭載される可能性は低い、とBloombergは予測している。

Touch IDは搭載されないが、Apple Watch不要でマスク着用時に動作するFace IDに対応する可能性がある。Touch IDならではの強みは享受できないが、Face IDの致命的な欠点は解消される。

USB-Cポートの搭載

Theres a Problem with Cables 01

iPhoneがLightningポートを廃止しUSB-Cポートに置き換われば、MacBook ProiPad Proを使っている人は持ち運ぶケーブルが減る。USB-Cケーブルには「見た目が同じなのに規格が色々ありすぎて分かりづらい」という致命的な欠点があるが、持ち運ぶべき1本が定まれば各デバイスで使い回すことができて便利になるだろう。

しかし「iPhone 13」は引き続きLightningポートを継続する。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、防水性能とMFiライセンスプログラムが理由だというが、ポートそのものを廃止する未来を見据えているのであれば、USB-Cは採用する可能性は低いだろう。

ポートレスモデルの登場

「iPhone 13」シリーズは、Lightningポートを廃止したポートレスモデルが少なくとも1台登場すると噂されていたが、今登場する4機種はすべてLightningポートを搭載Ming-Chi Kuo氏は、ポートレスモデルへ移行するにはMagSafeのエコシステムが不十分であり、当面の間はLightningポートを継続すると予測している。

デザインの刷新

「iPhone 13」シリーズはノッチの横幅が縮小し、背面カメラが大型化すると見られているが、基本的なデザインはiPhone 12シリーズを引き継ぐだろう。ただしボタンの位置やカメラユニットのサイズが変わるため、iPhone 12シリーズ用ケースは再利用できない。

なお2022年の新型iPhone(iPhone 14)は、6.1インチと6.7インチの2種類が用意され、ノッチを廃止したパンチホールデザインを採用するとの噂がある。

「iPhone 13」シリーズの噂や最新情報は、以下のまとめ記事を参考にしてもらいたい。

公開情報
更新日2021年09月01日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:609176)

    iPhoneの端子としてlightningを使うのは、防水云々でまだ一応の正当化ができるのかもしれないけど、
    airpods, touch pad, keyboard, wireless battery chargerなどでlightningを採用するのは、あほの極みだと言わざるを得ないdeath

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索