iPhone 13、Apple Watch不要でマスク着用時に動作するFace IDに対応か

メガネが曇っていても動作する専用ケースがテスト中、センサー位置などがCADファイルと完全一致

Iphonex gorime hoodie and yellow shirt 13

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、マスクを着用していても動作するFace IDを搭載している可能性がある。Apple情報を度々リークしてきたJon Prosser氏によると、マスク着用によりメガネが曇ってしまった場合でも動作することを想定しているという。

Appleは現在、iPhone 12の取り付ける専用ケースを使用し、改良されたFace IDを内部でテスト中。Jon Prosser氏は、入手した専用ケースの写真をもとに作成されたレンダリング画像を公開した。

Touch IDが復活しなくてもFace IDのマスク対応で解決?

専用ケースのTrueDepthカメラの幅はiPhone 12より狭く、カメラの配置など各種センサーの位置がCADデータと一致。「iPhone 13」シリーズ用としてテストしている可能性が高い。

Face id prototype 2
専用ケースを取り付けたiPhone 12のレンダリング画像

Iphone13pro cad camera
iPhone 13 ProのCADデータ

Apple従業員は、マスクを着用していない状態で顔を登録し、テストを行っている。あらゆる種類のマスクと眼鏡を両方着用し、屋内外で動作を確認しているそうだ。

Appleは今年4月、Apple Watchを着用していればiPhoneのロックを解除できる新機能を実装。改良されたFace IDが「iPhone 13」シリーズに正式採用されるかは不明だが、実現すればApple Watch不要でiPhoneをロック解除できるだろう。実現されるセキュリティレベル次第では、Apple Watchがあっても利用できないApple Payやアプリ購入も対応する可能性がある。

「iPhone 13」シリーズはTouch IDが復活しないが、Face IDがマスク対応すれば、終わりの見えないマスク生活は多少快適になるだろう。

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:608790)

    これでTouch ID派の人も納得…するのかな?

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索