Apple、「iPhone X」で「Touch ID」の画面内蔵を検討していた、という噂を否定

Apple iPhone X Die Design Studie von COMPUTER BILD 6

当時、「iPhoneのプレミアムモデル」として噂されていた「iPhone X」は、「Touch ID」をディスプレイに内蔵することが「最大の難関」と言われていた。

Appleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長Dan Riccioは、TechCrunchとのインタビューの中で、「Face ID」を開発している初期段階で成功の兆しが見えたため、「Touch ID」の画面内蔵、バックパネル側への配置、サイドボタンへの内蔵などには「全く時間を掛けなかった」とコメントしている。

実際に端末に実装するまでは至らなかった模様

AppleがiPhone用に「Touch ID」内蔵型ディスプレイを開発中と噂されたのは2015年6月にまでさかのぼる。その後、特許を取得していたことも判明した。

このことから、Apple自身も「Touch ID」を画面に内蔵するという仕組みそのものは見ていたものの、「Face ID」が「iPhone X」を開発する上で

今年4月時点では「Touch ID」は画面に内蔵という説と「Touch ID」は背面側に移動という説が浮上していた。

情報が錯綜していたが、その後は画面内蔵に苦戦中と報じられるなど、「Touch ID」がディスプレイに内蔵されるという見方が強かったが、7月にKGI証券のMing-Chi Kuo氏が「Touch ID」は非搭載であると伝え、Bloombergが「Touch ID」の代わりに3D顔認証を採用すると伝えていた。

その後も「Touch ID」の画面内蔵説は根強く残ったが、結果的にKuo氏が伝えていた通り、顔認証に切り替わった。同氏は次の予想として、来年はすべてのiPhoneが「Face ID」に切り替わると伝えている。