新しいMagSafe充電器の型番がFCCを通過 iPhone 13用か

iPhone 13はコイルの大型化、磁力と出力の強化が噂されている

MagSafe Charger with Apple Clear Case

Appleが、新しいMagSafe充電器が米連邦通信委員会(FCC)を申請していることが明らかになった。現在発売されているモデルのID番号は「A2140」だが、新たに申請されたモデルは「A2548」となっている。

4機種の「新しいiPhone」で検証されていることが判明

Appleは8月13日にFCCへ申請を行い、FCCは合計8機種のiPhoneで検証。「レガシーiPhone」そ記されている4機種は、モデル番号からiPhone 12シリーズと確認できる。残り4機種は「新しいiPhone」と記載されており、新型iPhone(iPhone 13)ではないかと推測されている。

New magsafe charger from fcc
FCCの申請書類よりキャプチャ

iPhone 13」シリーズは、MagSafe充電コイルが大型化する噂がある。磁力が強化され、出力も向上する可能性がある。

またAirPodsが検証用デバイスに含まれていることで、一部で新型AirPodsAirPods 3)のMagSafe対応を望む声が上がっているが、検証されたモデルはAirPods Proだ。Qiワイヤレス充電の動作を確認したと考えられる。

Appleは早ければ来週に、iPhone 13」シリーズや「AirPods 3」を正式発表する。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用ワイヤレス充電器」新着記事
トレンド検索