iPhone 12やMagSafeアクセサリの内蔵磁石、ペースメーカーとの干渉リスクに注意喚起

通常は15cm以上、充電中は30cm以上話す必要あり

Charging iPhone12Pro with MagSafe 02

Appleが、サポートページ「iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、MagSafe アクセサリに内蔵されている磁石について」を更新。iPhone 12シリーズは、それ以前のiPhoneモデルよりも磁石の内蔵量が増えたが、医療機器への磁気干渉リスクが高まることは予測されていないと説明。

その上で、ペースメーカーおよび自動体外式除細動器などの医療機器に内蔵されているセンサーが、磁石および無線に反応する恐れがあると追記している。

干渉を避けるため、Appleは医療機器と15cm以上離れるよう案内。充電している場合は30cm以上離れることを推奨している。具体的な対策は、かかりつけ医や医療機器メーカーへの相談が最適だ。

実際にMagSafeのマグネットはペースメーカーに干渉するのか

実際にMagSafeのマグネットは、ペースメーカーなどの医療機器と干渉するのか。

米国不整脈学会(HRS)の公式機関誌「Heart Rhythm Journal」によると、ペースメーカーで有名なMedtronic製の除細動器機能が無効化すると報告。一方で医療ニュースメディア「MedicalXpress」は、MagSafeが基本的に無害な技術であると指摘。小型の磁石は人工内耳の固定、リストバンドの結束などでも使用されており、大手医療機器メーカー側が干渉を避けるための企業努力をするべきと提言していた。

記事執筆時点では日本語版のサポートページは更新されていないが、近日中に英語ページに合わせて更新されるだろう。

今後はMagSafe対応アクセサリーが増える可能性が高い。2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Lightningポートが廃止された完全ワイヤレスモデルが登場するとの噂もある。ペースメーカーを使用する人が周りにいる場合、通常時は15cm以上、充電中は30cm以上の距離を取ることを忘れずに行動しよう。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 12」新着記事
トレンド検索