iPhone 13 mini、電池持ちは約1時間長くなるとの噂

ただし本体の厚みも重さも増加する可能性大 価格は昨年から据え置きになるとの予測

Using iPhone 12 mini

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、全4機種の電池持ちが改良される可能性がある。リーカーのMax Weinbach氏が、別アカウント(@PineLeaks)を通じて「iPhone 13」シリーズに関するリーク情報を明らかにした。

Max Weinbach氏が明らかにしたiPhone 13のリーク情報まとめ

各モデルのバッテリー容量や電池持ち

iPhone 13 mini」は電池持ちが約1時間増え、「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」のバッテリー容量は昨年より10%増加するという。6.1インチの2機種は同じバッテリーを使用するが、「iPhone 13 Pro」は120Hzディスプレイ対応のため「iPhone 13」に比べて電池持ちはやや劣ると見られる。

iPhone 13 Pro Max」は、バッテリー容量が18〜20%増加するそうだ。

120Hzディスプレイの仕様

「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は120Hzディスプレイを搭載するが、低電力モードが有効化された場合、リフレッシュレートは60Hzに制限される仕組みになっている。ユーザーによる変更はできない。

カメラ仕様

「iPhone 13」シリーズに搭載されるカメラは、取り込める光の量が「最低でも15%増」になる。特に超広角レンズの改良は著しく、最大40%増えるそうだ。

動画のポートレートモードは、被写体がフレームの中央に収まるように動作し、「Warp」と呼ばれる電子手ブレ補正機能を実装。iPad Pro(2021)に搭載された「センターフレーム」機能と同等の仕組みが実装されるかは不明だ。

光学手ブレ補正は、従来と比べて滑らかな仕上がりになる。ナイトモードには新しいアルゴリズムが適用され、構造の最適化、シャドウの調整が行われる。星を検知し、必要とされる設定を自動的に検知する仕組みになっているそうだ。

価格、本体の重さ・厚み

Max Weinbach氏は、「iPhone 13」シリーズの価格は昨年から据え置きになると予測している。

本体の厚さと重さは増加すると見られており、特に「iPhone 13 Pro Max」は違いが際立っているとのこと。

次ページ
Max Weinbach氏(@PineLeaks)のリーク情報ツイート
公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. xPluss(コメントID:609578)

    通常時は可変、低電力モードは60Hzかな

    やっぱり、iPhone 13 Proは120Hzディスプレイ対応するから、iPhone 13に比べてやや劣るのかーー。12と12 Pro時はバッテリー駆動時間は同じでしたけど、13と13 Proは同じにならない可能性が高いのか…

    12 Proと比べるとどうなるんだろう…そこも気になりますね

    6s Plusユーザーの自分としては、Proシリーズに黒が追加されるならPro一択なんですが、バッテリー持ち次第では13かな

  2. g.O.R.i(コメントID:609577)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:609576)
    個人的にminiに求めるのは軽さだから…手首に優しいiPhoneプリーズ…😭

    まあでも、多少重くなったとしても13とか13 Proに比べたら断然軽いと思いますけどねw あのサイズでめっちゃ重かったらやばいwww

  3. 通りすがりの読者(コメントID:609576)

    個人的にminiに求めるのは軽さだから…手首に優しいiPhoneプリーズ…😭

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索