iPhone 13のTouch ID復活、WSJも報道 画面内蔵指紋センサーを採用か

マスク着用時など、Face IDが使用できないシーンでは代わりにTouch IDが利用可能になる?

Fingerprint sensor in display qualcomm

Qualcommより

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Touch IDが復活する可能性がある。The Wall Street Journalによると、「iPhone 13」シリーズはTouch ID機能をディスプレイに内蔵し、Face IDと併用されるという。

WSJの報道は、Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏およびBloombergの情報と一致。指紋認証が復活すれば、マスク着用時でも顔認証の代わりに使用できるだろう。

使用する画面内蔵指紋センサーは光学式か、超音波式か

Appleが「iPhone 13」シリーズに採用を検討している画面内蔵指紋センサーは、光学式とされている。事実だとすれば、Qualcommが発表した第2世代の3D Sonic Sensorは採用されない可能性が高い。Qulacommの新センサーは、指紋認証可能エリアが77%拡大し、生体認証データの取得可能量が1.7倍、認証速度は50%高速化している。

光学式センサーは、一部のAndroidスマートフォンにも採用済み。2Dイメージを使用するため超音波式センサーと比べて突破されるリスクが高く、指が濡れていると動作しづらいが、価格が安い。なおiPhoneのTouch IDは、静電容量式センサーが採用されている。

Ming-Chi Kuo氏は超音波式センサーが採用されると主張。iPhone 12シリーズの外観を正確に予測したMcGuire Wood(@Jioriku)氏もWSJの報道を否定し、セキュリティ上の懸念より超音波センサーに移行したと伝えている

WSJは、実装方法に問わず、Appleは現状のTouch IDに匹敵するセキュリティレベルを必ず実現すると予測している。

(Source: WSJ via MacRumors

これまでのニュースをチェックする
関連情報
更新日2021年02月16日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索