iPhone 13 Pro Maxの図面、再度流出か

カメラユニットのサイズ、レンズ径、カメラの突起、本体の厚みは大型化、ノッチは小型化

Theregisti nQBJbsFcs I unsplash

2021年の新型iPhone(iPhone 13)の最上位モデルiPhone 13 Pro Max」の図面が再度流出した可能性がある。過去に流出した図面と一部数値が異なるが、iPhone 12 Pro Maxと比べてカメラユニットのサイズ、レンズ径、カメラの突起、本体の厚みはいずれも大型化が確認できる。

ノッチは8.6mm小型化、バッテリーの%表示復活に期待

iPhone 13 Pro」シリーズは超広角カメラの性能が大幅に向上し、大型化したソニー製の新しいCMOSイメージセンサーを搭載する噂がある。また「iPhone 13 Pro Max」はf1.5の広角レンズ搭載の情報も報じられている。仕様変更の影響なのか、「iPhone 13 Pro Max」のレンズ径は2.93mm大型化し、カメラユニットも5.02mm大きくなる。突起も0.98mm増している。

最新の図面では、新たにノッチの幅が判明。iPhone 12 Pro Maxは34.83mmあるが、「iPhone 13 Pro Max」は26.23mmと記載。ノッチ全体として8.6mmの小型化し、左右で4.3mmの画面スペースが追加される。iPhoneの電池残量パーセント表示が復活する可能性がある。

iPhone 13 Pro Maxの図面情報をiPhone 12 Proの数値と比較

iPhone 13 Pro Max」の図面に記載されていた情報を、「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」に明記されているiPhone 12 Pro Maxの公式仕様と比較した表が以下のとおり。

iPhone 13 Pro Max iPhone 12 Pro Max
カメラユニットの高さ 39.23mm 34.21mm
カメラの突起 3.67mm 2.79mm
レンズの直径 17.04mm 14.11mm
本体の厚み
(カメラユニット含まず)
7.49mm 7.39mm
ノッチの幅 26.23mm 34.83mm

Iphone 12 pro max hardware guideline 1
Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」よりキャプチャ

iPhone 13シリーズは9月中に発表・発売される見通し

「iPhone 13」シリーズはマイナーアップデートになるだろう。ノッチの小型化以外は外観は昨年を引き継ぎ、主な改良点はカメラが中心と見られている。発表および発売は9月中になる見通しだ。

「iPhone 13」シリーズの噂など最新情報は、下記記事にまとめてある。iPhoneの買い替えを検討している人は、今買うべきか待つべきかの判断材料として参考にしてもらいたい。

公開情報
更新日2021年08月22日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. xPluss(コメントID:608460)

    カメラ部分の加工…
    全体が保護ガラスで覆われたものになるって情報あったけど、そのとおりになってほしい

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索