iPhone 13 Proの超広角カメラ、暗所撮影性能が劇的に向上か

オートフォーカス対応、6枚構成による歪み補正も噂されている

IPhone 12 Review Product Photos 06

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Proモデルに搭載される超広角カメラの性能が劇的に向上する可能性がある。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると「iPhone 13」シリーズはiPhone 12シリーズと同様に4機種が用意されるという。「iPhone 13 Pro」および「iPhone 13 Pro Max」はレンズの絞り値が明るくなり、f/2.4からf/1.8になると予測している。

明るくなり、歪みが減り、オートフォカスが追加される可能性

iPhone 12の広角カメラはf/1.8からf/1.6になったことで、明るさが不足しているシーンでもナイトモードを起動せずに撮影できることが増えた。f/2.4からf1.8まで明るくなれば、超広角カメラによる写真の仕上がりは目に見えて変わるだろう。

iPhone 12の広角カメラ
iPhone 12の広角レンズの仕様

レンズの構成枚数は、5枚から6枚まで増加すると見られている。構成枚数を増やすことにはメリット・デメリットが存在するが、超広角レンズにおいては歪みの低減が期待できる。iPhone 12シリーズの広角カメラは、6枚構成から7枚構成に増えている。

iPhone 12のウルトラワイドカメラ
iPhone 12の超広角レンズの仕様

また「iPhone 13」の超広角カメラは、待望のオートフォーカスも実装される可能性があるそうだ。

Ming-Chi Kuo氏は、2022年の新型iPhone(iPhone 14)は全モデルが新しい超広角レンズを搭載すると予測している。

(Source: 9to5Mac

ストーリータイムライン
5本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年11月07日
コメント(9件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    もうカメラ部分の出っ張りを無くそうと言う気は無いのだろうか??

    1. 通りすがりの読者

      技術革新でもなきゃそうするにはカメラ機能を落とすか全体を厚くするかないんじゃないですかね?

    2. 通りすがりの読者

      これずーっと長いこと思ってます…。
      ケースなしで机に置いてガタガタするのがいや😭

    3. 通りすがりの読者

      どうせ画質落ちたら落ちたで文句を言う人達が増えるし出っ張りを無くす気はないでしょう。ずっと8年前のiPhone5使ってて下さい。

  2. 通りすがりの読者

    フルサイズセンサー対応のSIGMAの14mm F1.8が出目金レンズになるように、極小のセンサーとはいえ13mm相当のレンズがF1.8になったら同じように出目金になってさらに飛び出してきそう(笑)

  3. 通りすがりの読者

    デュアルレンズ 7 Plus、8 Plus&X、Xs
    トリプルレンズ 11 Pro、12 Pro、13Pro

    14は新しい超広角レンズやペリスコープカメラで一新って考えるとカメラの基本的な仕様は3世代程度で変わるのかな?

    1. g.O.R.i

      分析が鋭い👀

  4. 通りすがりの読者

    > 2021年の新型iPhone(iPhone 14)

    iPhone14は2022年じゃないですかね?

    1. g.O.R.i

      はい全くそのとおりですw 修正しましたありがとうございますー!!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索