iPhone 13、ノッチが小型化か Proモデルはセンサーサイズ大型化の可能性

ノッチの横幅が減るのではなく、高さが減るとの指摘 これまでのリーク情報と一致

The Notch on the iphone 13 series are getting smaller

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、Face IDが改良され画面上部の切り欠き(ノッチ)が小型化される可能性がある。サプライチェーン関連の情報筋によると、投光イルミネータなど一部の部品を1つのカメラモジュールに統合するという。ノッチ横幅は変わらないが、縦幅が縮小すると見られている。

ノッチの高さが縮小するとの情報は、Macお宝鑑定団BlogおよびIce universeの予測と一致している。

iPhone 13 Proシリーズはソニー製の新型イメージセンサーを採用か

また「iPhone 13 Pro」シリーズは、大型化したソニー製の新しいCMOSイメージセンサーを搭載するそうだ。「iPhone 13」シリーズはiPhone 12シリーズと同じイメージセンサーを搭載するが、超広角カメラは5枚構成から6枚構成レンズになるという。

構成枚数を増やすことにはメリット・デメリットが存在するが、超広角レンズにおいては歪みの低減が期待できる。iPhone 12シリーズの広角カメラは、6枚構成から7枚構成に増えている。

(Source: Digitimes via MacRumors

これまでのニュースをチェックする

17本の記事を表示する
関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索