iPhone 13、ノッチの横幅が縮小?スピーカーがベゼル内に移動か

ノッチの高さはほとんど変わらず、幅が縮小か

Miguel tomas yvJxgN8dfaU unsplash

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、本体上部にあるスピーカーおよびマイクの位置がベゼル内に移動することで、ノッチの横幅が縮小する可能性がある。Macお宝鑑定団Blogが、「iPhone 13 Pro」とされる3Dモックアップを入手。iPhone 12 Proとの変更点を紹介している。

リークしたフロントパネルや図面は本物だった?

Macお宝鑑定団Blogによると、TrueDepthカメラのセンサーハウジングは横幅が縮小。高さはそれほど変わらず、ノッチの左右にあるスペースが広くなるという。

iPhone 12 Pro iPhone 13 Pro
高さ 5.30mm 5.35mm
34.83mm 26.80mm

スピーカーとマイクは、Xperia PROやXperia 5 IIに似たデザインを採用。「iPhone 13 Pro」のモックアップでは、ベゼル部分に移動していると確認できる。

Sony Xperia Pro Speaker
Xperia Proのスピーカー

Macotakara iphone13pro mockup
「iPhone 13 Pro」のスピーカー部分:「Alibaba:3D mock-up iPhone Pro 2021」よりキャプチャ

スピーカーとマイクがベゼル部分に移動したことで、赤外線カメラと投光イルミネーターが寄り、ノッチの幅の縮小に貢献。フロントカメラの位置は、左側に移動すると伝えている。

TrueDepth Camera 2
現行機種のTrueDepthカメラ

3Dモックアップが実機を正確に反映しているものだとすれば、「iPhone 13」用のフロントパネルとされていた写真は本物である可能性が高い。iPhone 12用の図面とされていたTrueDepthカメラの図面は、フロントカメラの位置を除けば一致している。

外向きカメラの位置およびサイズには変更が確認されていない。しかし側面にある各ボタンの位置はわずかに下がっており、ボタンの位置を正確にくり抜いたケースは「iPhone 13」シリーズ用を別途用意する必要がありそうだ。

iPhone 13のノッチ関連ニュース

4本の記事を表示する
関連情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:599630)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:599601)
    これ去年から言われてますけど、ちょっとの変更くらいなら変える訳ないと思います。 Appleの場合筐体デザイン(設計)は数モデルは使い回しますが、こんな一々数ミリ程度の縮小のたびに再設計してたらAppleと言え生産ラインへの再投資がかかりすぎます。

    どちらかと言うと、本当に来年にパンチホールに切り替えるなら今年あえてノッチを小型化するのかなーっていう疑問があるんですよね。今後もノッチは何かしらの製品で継続するのであれば、今年改良する可能性は十分ありますよねぇ。意外とノッチが出てから3年経ってるんですよねえ。

    ちなみにお気づきではないかもしれませんが、Appleは毎年あらゆるところで数ミリ程度の改良を重ねているので、「数ミリ程度の縮小のたびに再設計してたらAppleと言え生産ラインへの再投資がかかりすぎます」というのはおそらく違うかと思いますよー!数ミリ程度の改良などは全くしないのは、それこそSEみたいな機種だと思います!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:599601)

    これ去年から言われてますけど、ちょっとの変更くらいなら変える訳ないと思います。

    Appleの場合筐体デザイン(設計)は数モデルは使い回しますが、こんな一々数ミリ程度の縮小のたびに再設計してたらAppleと言え生産ラインへの再投資がかかりすぎます。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索