iPhone 13 Proの3Dレンダリング画像が登場 カメラユニット大型化、厚み0.2mm増か

カメラユニット大型化はセンサーシフト光学式手ブレ補正の対応と、新イメージセンサーの搭載のため?

Iphone 13 pro renders 02 1068x601

2021年の新型iPhone(iPhone 13)とされる3Dレンダリング画像が公開された。91mobilesによると、業界関係者から入手したという。

「iPhone 13」の3Dレンダリング画像のようなカメラ配置の変更はないが、ユニット全体がiPhone 12 Proと比べて大きくなっている。「iPhone 13 Pro」の広角レンズはセンサーシフト光学式手ブレ補正の採用および大型化したソニー製の新しいCMOSイメージセンサーの搭載が噂されており、カメラユニットの大型化は説明がつく。

ノッチの横幅が縮小することを示唆

本体サイズは146.7 x 71.5 x 7.6mmとなっており、iPhone 12 Proと比べて厚さが0.2mm増している。91mobilesは大型化したバッテリーによるものと推測している。

ノッチは、スピーカーとマイクがベゼル部分に移動することで横幅が小型化「iPhone 13 Pro」の3Dモックアップリークしたフロントパネルと情報が一致している。
Iphone 13 pro notch comparison

iPhone 13シリーズのモックアップなど

関連情報
更新日2021年04月15日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. xPluss(コメントID:600185)

    背面カメラの
    金属リングが無くなってるような…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索