Apple、iPhoneとiPadが部品不足の影響を示唆 iPhone 13にも懸念

世界的な半導体不足について言及、第4四半期への影響を警告

Brandon romanchuk NOFyRmSQfUQ unsplash

Apple CFO(最高財務責任者)の Luca Maesteri氏は2021年第3四半期の決算発表で、2021年第4四半期(7〜9月)はiPhoneとiPadが部品不足の影響を受けるとの見通しを明らかにした。2021年の新型iPhone(iPhone 13)への影響には言及されていないが、需要に見合う生産台数が確保できない可能性がある。

Luca Maesteri氏は、第3四半期(4〜6月)はMacとiPadがチップの供給量不足を懸念していたが、第4四半期はiPhoneにまで影響が及ぶほどインパクトがあるとの見解を示している。Appleは、M1 iMacやM1 iPad Proを4月30日に予約受付を開始したが、5月21日まで発売されなかった。

ホリデーシーズン(10〜12月期)における部品不足について聞かれると、AppleのCEO Tim Cook氏は「四半期ごとに全力で取り組む」と返答し、明言を避けた。

iPhone 13」は、例年どおり9月に発表および発売されると噂されている。部品不足の影響が及んだ場合、発売直後からしばらくは品薄状態が続くと考えられる。

世界的な部品不足によるAppleへの影響

4本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年07月31日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索