MacとiPad、2021年後半は在庫不足になる恐れ

チップ不足の影響により、全体の売上高が約30〜40億ドル減少する見通し

Apple new imac spring21 pf green accessories 04202021

MacとiPadの在庫状況は今後、チップの供給量不足による影響を受ける可能性がある。Apple CEOのTim Cook氏は4月29日、2021年第2四半期の決算発表会で明らかにした。CFO(最高財務責任者)のLuca Maestri氏は2021年第3四半期(2021年4〜6月)における売上高は、約30〜40億ドルの減少になると予測している。

チップ不足の解消時期を問われると、Tim Cook氏は「影響範囲が広く正確な予測は難しいが、我々はお客様の需要に応えられるよう最善を尽くしたい」と回答している。

チップ不足の影響は、Appleが4月のスペシャルイベントで発表した新製品に見られる。iPad Pro(2021)および24インチ型iMac(2021)は4月30日予約を受付開始するが、具体的な発売日は明らかにしていない。

(Source: MacRumors

これまでのニュースをチェックする

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索