iPhone 14、セルフィカメラが性能アップ?AF対応、レンズも明るく

セルフィやポートレートモードの画質向上に期待

Gori Taking Selfies 02

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、内向きカメラ(TrueDepthカメラ)の性能が向上する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、全4機種共通してオートフォーカスに対応し、f1.9のレンズに改良されるという。iPhone 13シリーズは、フィックスドフォーカスでf2.2のレンズを搭載している。

改良された内向きカメラを搭載することで、セルフィやポートレートモードの画質向上が期待できる。またオートフォーカス対応により、FaceTimeなどビデオコールを利用する際のピント合わせが改良されると予測している。レンズが明るくなることで、暗所におけるセルフィのノイズが軽減されるだろう。

mini廃止のiPhone 14シリーズ、パンチホールとノッチが混在の噂

iPhone 14」シリーズは、6.7インチディスプレイを搭載したモデルが2機種、6.1インチディスプレイを搭載したモデルが2機種、合計4機種になる可能性が高い。

Proモデル(iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max)はカプセル型+丸型のデュアルパンチホール設計になり、カメラはiPhone 13 Proシリーズからさらに大型化すると見られる。通常モデル(iPhone 14iPhone 14 Max)は、従来どおりのノッチを採用し、カメラは斜めに配置されたデュアルレンズ構成を引き継ぐと見られる。

iPhoneの画面内蔵Touch IDは実現しない可能性が高い。USB-Cは搭載されずLightningポートになると予想されている。

iPhone 14の最新情報・噂

28本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索