iPhone 14 Proのカメラ大型化、原因は4,800万画素超広角レンズの採用か

センサーサイズが25〜35%増、7枚構成レンズの高さが5〜10%増になるとの噂

Jeremy bezanger b7T2Qf4itaM unsplash

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のProモデル(iPhone 14 Pro)に採用されるカメラユニットが大型化・厚み増加する原因は、4,800万画素超広角レンズの可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、CIS(コンタクトイメージセンサー)のサイズは25〜35%増、7枚構成レンズの高さは5〜10%増になるという。

「iPhone 14 Pro」のものとされる図面が流出し、カメラユニットの縦幅が0.76mm、厚みは0.2mm増していることが明らかになった。

ピクセルビンニングにより、1,200万画素のカメラとして出力か

iPhone 13 Proシリーズの広角レンズは1,200万画素だ。事実だとすれば「iPhone 14 Pro」シリーズは4倍の画素数になるが、Ming-Chi Kuo氏は4,800万画素ではなく、ピクセルビンニングによる1,200万画素の出力に抑えると予測している。

ピクセルビニングとは、感度を向上させる技術。隣り合う素子を1つとして取り扱うことで1ピクセルあたりの受光面積を仮想的に大きくし、感度を上げる技術だ。

採用した場合、受光面積は2.5μmになる。iPhone 13シリーズは1.7μm、iPhone 13 Proシリーズは1.9μm。暗所における撮影性能の劇的進化が期待できる。

iPhone 14 Proのカメラに関する噂

8本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索