ダンボールで作られたiPhone 14シリーズのモックアップが公開

実際の寸法を元にしたダンボールモック、現行モデル向けのケースは使用できない可能性が高い

Iphone14 series cardboard mock macotakara

Macお宝鑑定団Blogよりキャプチャ

2022年の新型iPhone(iPhone 14)を、流出した図面情報をもとにダンボールで実寸サイズで制作したモックアップを、Macお宝鑑定団Blogが公開した。「iPhone 14」シリーズでは5.4インチの「mini」モデルは廃止され、6.1インチと6.7インチが2機種ずつ合計4機種展開とされている。

iPhone 13シリーズと比べて、「iPhone 14」シリーズはカメラユニットが大型化している。モックアップを使った検証では、現行モデル向けのケースはカメラユニットが干渉しており、iPhoneケースの買い替えを強いられる可能性が高い。

詳細は以下の動画を確認してもらいたい。

流出したiPhone 14シリーズの図面

5本の記事を表示する
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:623577)

    発想が瀬戸●司さんで草

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索