iPhone 14 Proのパンチホール、意外と存在感あり?設計図がリークか

カプセル型と丸型の穴を並べた独特なパンチホールは想像していたよりも目立ちそう

Punch hole on iphone14

Weiboより

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のProモデル(iPhone 14 Pro)はパンチホールディスプレイを採用すると噂されているが、Weiboに投稿された設計図によると、存在感があるデザインになる可能性がある。

Apple情報を度々リークしてきたJon Prosser氏は2月27日、YouTubeチャンネル「FRONT PAGE TECH」に最新動画を公開。信頼できる情報元によると、リークした設計図は本物であると伝えている。リーカーのShrimpApplePro氏も情報提供者らとの確認が取れており、「正確な寸法だ」とニュースレターで明らかにしている

パンチホールディスプレイの採用は、「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」に限定されるとの噂だ。通常モデルは引き続きノッチを採用する。設計図に描かれたモデルの詳細は明らかになっていない。

Jon Prosser氏は、ネット上に公開されているパンチホールディスプレイを想像したコンセプトイメーと設計図を重ね、「これまで想像していたパンチホールよりも存在感がある」と指摘している。

Punch hole on iphone14 2
FRONT PAGE TECHよりキャプチャ

「iPhone 14 Pro」シリーズのデザインは最終決定したと報じられている。パンチホールディスプレイの他、カメラ突起SIMカードトレイの廃止など、デザインが大幅に刷新するとの噂だ。

iPhone 14 Proデザインの噂・最新情報

9本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年03月03日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:622211)

    個人的にはベゼルが太くなってもいいからiPadmini6とかAir4をそのままiPhoneのサイズにしてほしいな~

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索