iPhone 14 Pro、”カプセル型”の横長パンチホールを採用か 

2022年の新型iPhoneはパンチホールディスプレイ採用モデルの登場が濃厚

Iphone 14 bonus 6 0 5x

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のうち、上位モデル(iPhone 14 Pro)はパンチホールディスプレイを採用する可能性が高い。14/16インチMacBook Pro(2021)の登場時期を正確に予測したiOSデベロッパーのDylan氏によると、ノッチ廃止に伴いFace ID用部品はディスプレイに内蔵されるという。画面下への変更によるセンサーへの影響は見られないそうだ。

パンチホールの形状は、カプセル型の薬に似た横長のデザインを採用すると伝えている。

リーカーのJon Prosser氏、Bloombergの名物記者Mark Gurman氏、アナリストのMing-Chi Kuo氏など、Appleの情報に詳しい人物の多くがパンチホールディスプレイの採用を予測。実現可能性は高い。

通常のiPhone 14シリーズは引き続きノッチを採用する見通し

なおProシリーズではない通常の「iPhone 14」シリーズは、従来どおりノッチが採用される可能性が高い

Apple Watch Series 7が角張ったデザインを採用しないと正確に予測したリーカーShrimpApplePro氏によると、ノッチはデザインが洗練されるが幅は変わらない。カメラ穴は大型化されているため、超広角レンズの採用など内向きカメラの性能向上を予測している。

iPhone 14のパンチホールの噂・最新情報

6本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年01月17日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:620598)

    proの方はノッチなくなるのか残念…可愛いのにね。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索