iPhone 14 Proのパンチホール、サイズはノッチ内のカメラと同じか

実質的に「ノッチを廃止して内蔵されたセンサーを画面に埋め込んだ」状態か

Iphone14pro punch hole specs

ShrimpAppleProより

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のProモデル(iPhone 14 Pro)に採用されると噂のパンチホールは、iPhone 13シリーズのTrueDepthカメラに搭載されているセンサーと変わらないサイズになる可能性がある。

リーカーのShrimpApplePro氏が、中国のSNS「Weibo」に投稿された「iPhone 14 Pro」のパンチホールディスプレイ設計図と見られる画像を紹介。2つのパンチホールのうち、円形の直径は5.631mmになるとの記載を「正確な情報」としている。

Weiboには先日、「iPhone 14 Pro」のパンチホールディスプレイが確認できる設計図が投稿され、話題になっていた。

「iPhone 14 Pro」シリーズのデザインは最終決定したと報じられている。パンチホールディスプレイの他、カメラ突起SIMカードトレイの廃止など、デザインが大幅に刷新するとの噂だ。

iPhone 14 Proのパンチホール情報

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索