iPhone 14シリーズはminiモデル廃止、Proモデルのディスプレイが縦長に?

カプセル型+丸型の2パンチホールデザインを採用するため、本体を物理的に大きくするとの噂

Iphone 14 pro notch image

噂されているパンチホールデザインのイメージ画像

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のProモデル(iPhone 14 Pro)は、iPhone 13 Proと比べて本体が縦長になる可能性がある。9to5Macによると、最終決定したと噂されるカプセル型+丸型の2パンチホールデザインを取り入れるためだという。

「iPhone 14」シリーズは4機種展開になるが、miniモデルは廃止され代わりに6.7インチモデルが追加される見通し。ディスプレイ解像度は、iPhone 13 Pro Maxと同じ。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、新しい6.7インチモデルの名称は「iPhone 14 Max」になると予測している。

例年は新型iPhoneは全機種が最新チップを搭載するが、今年は最新チップ搭載はProモデルのみとなり、「iPhone 14」および「iPhone 14 Max」はA15 Binoicチップを搭載する。iPhone 13 Proシリーズに採用されている、RAMが6GBのものが使われるようだ。

Appleは、同一チップを複数年にまたがって使用することは珍しくない。iPad Pro(2020)のA12Z Bionicチップは、A12X Bionicチップで無効化されたGPUチップを有効化したもの。Apple Watch Series 7のApple S7チップは、Series 6のApple S6チップとほぼ同じだ。

また9to5Macは、衛生通信を利用した新機能が開発中だという。iPhone 13シリーズでは低軌道衛星通信システム対応の噂があったが、実現しなかった。Apple内部でコードネーム「Stewie」と呼ばれている、テストメッセージの送信機能がテスト中と伝えている。

iPhone 14の噂・最新情報

10本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年03月16日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:622947)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:622946)
    タイトなジーンズにねじ込んだらポケットからはみ出しそうです!

    タイトなジーンズにねじ込みましょう!!!!!!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:622946)

    タイトなジーンズにねじ込んだらポケットからはみ出しそうです!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索