”Proじゃないほう”のiPhone 14のナゾ。噂される微妙な位置づけ

iPhone 13との違いがほとんどなく、6.1インチ型「iPhone 14」の存在意義が極めて薄い予感

Quinn battick YT 2 VL2QuI unsplash

2022年の新型iPhoneiPhone 14)シリーズは、ディスプレイサイズが6.1インチと6.7インチの2種類で、それぞれに通常モデルとProモデルが用意される格好だ。miniモデルは廃止され、代わりにMaxモデル(iPhone 14 Max)を追加されると見られる。

デザインは大きく変わらないが、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はiPhone史上初のパンチホールディスプレイを採用し、最新のA16 Bionicチップ搭載が有力視。一方で「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は従来と同じノッチデザインでA15 Bionicチップになると噂されている。

iPhone 14 mini」が出ない代わりに6.7インチの「iPhone 14 Max」が登場することで、最大サイズのiPhoneを、よりリーズナブルな価格で提供できる。機能は求めないが大画面が欲しいユーザーの需要が見込めるだろう。問題は6.1インチの「iPhone 14」だ

”iPhone 14にしかない特徴”は何なのか、Appleはどう見せるのか

iPhone 14」の噂が正しければ、カメラセンサー大型化に伴うカメラ性能の向上を除けば、iPhone 13からめぼしい進化は期待できない。毎年恒例となっていた最新チップの搭載は見送られ、RAMが4GBから6GBに増えたA15 Bionicチップになると噂されている。既存ケースは使い回せないが、外観に目立った違いはない。

AppleはiPhone 13シリーズ発売後、iPhone 12iPhone 12 miniの価格を100ドル値下げし、iPhone 13発売後も販売を継続。iPhone 13iPhone 12の価格差は100ドルだ。iPhone 13は、iPhone 12からカメラとチップが改良され、ノッチの小型化と背面カメラの配置変更。バッテリー駆動時間も大幅に改良された。100ドル程度の価格差は正当化できている。

Iphone lineup 202205
iPhone SE(第3世代)は399ドル→429ドルに値上げ

例年どおりであれば、「iPhone 14」の発売後もiPhone 13iPhone 13 miniの販売を値下げして継続する可能性が高い。100ドル値下げされ現在のiPhone 12iPhone 12 miniと同額になったとして、価格差を正当化できるだろうか

iPhone 14」シリーズ発売後の価格を予想してみた。iPhone 11が販売終了、iPhone 12/miniとiPhone 13/miniの販売が継続、「iPhone 14」シリーズが世界情勢の影響で100ドル値上げすると想定している。

Iphone pricing after iphone14 release

iPhone 13 miniは片手操作できるコンパクトサイズの需要に応えるため、販売継続する意義がある。iPhone 13の販売継続を正当化するには、iPhone 14」ならではの明確な魅力が必要だ。仮にカメラが劇的に進化したとしても、見た目もチップも同じであれば安く手に入るiPhone 13が選ばれるだろう

なお仮に「iPhone 14」シリーズが値上げせずiPhone 13シリーズと据え置きだった場合、iPhone 13と「iPhone 14」の価格は同じになり、iPhone 13を併売する意味がなくなる。iPhone 13 miniのみの販売継続は考えづらい。iPhone 13シリーズを販売終了しiPhone 12/miniのみ継続するか、iPhone 12/miniを販売終了しiPhone 13/miniを200ドル値下げするなどの選択肢が考えられるが、いずれも実現可能性は低そうだ。

iPhone 14シリーズは9月頃に発表・発売される見通し

iPhoneが毎年劇的に進化する時代はすでに終わった。Appleも長期間使用できることを前提に設計しており、ハードウェアの性能、ソフトウェアのサポート期間の両面において安心して数年間使用できる。実際に毎年買い換える人は少数派であることがわかった。

例年通りであれば、iPhone 14」シリーズは9月に発表される。不確定情報をもとに4カ月以上も前に「iPhone 14を買うべきではない」と結論付けるつもりはないが、現在報じられている情報が正しければ、「iPhone 14」とiPhone 13を見比べたときに「iPhone 13でいいや」となってしまう気がしてならない。

iPhone 14」のアピールポイントは何か。iPhone 13を買わずに差額を払って「iPhone 14」を購入するべき理由は、カメラ以外にあるのか。今後の情報や当日のプレゼンテーションに注目だ。

iPhone 14シリーズの噂や最新情報

34本の記事を表示する

公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:625754)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:625700)
    もう毎年新しいiPhone出すのは厳しいのでは…😭 そんなに違いがなくても売れるから良いのかなぁ

    エコエコ言うなら毎年新しいの出さない方がよっぽどエコなのでは?とは思わなくもないけど企業としてはそうもいかないんでしょうね…

  2. 通りすがりの読者(コメントID:625753)

    円安でどれだけ日本価格上がるのか

  3. 通りすがりの読者(コメントID:625700)

    もう毎年新しいiPhone出すのは厳しいのでは…😭
    そんなに違いがなくても売れるから良いのかなぁ

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索